グランツーリスモSPORT、ポリフォニー・デジタル、PlayStation4、PlayStationVR(PSVR)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2017】間もなく発売 ステアリングを使った『グランツーリスモSPORT』VR乗車体験

2017年09月24日 14時12分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月21~24日までの期間、千葉県・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2017(以下 TGS2017)」。

ソニーインタラクティブエンターテインメントのブース内では、PlayStation VR(PS VR)タイトルを含めて、多くの新作を出展していた。

本稿ではその中でも10月19日に発売するリアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモSPORT』のVR体験リポートを行う


■ステアリング、アクセル、VR。よりリアルに感じるドライブ体験へ


今回ブースに設置してあったのは、ハンドル+アクセル+ブレーキ付きとほぼ完璧な環境だ。ハンドルにはソフトチェンジも備わっており、否が応でも臨場感は高まる。

体験では複数の車種とコースを選択する。今回はの愛車はGT-Rで、日本の首都高速のようなコースを選択した。

PS VRを装着するとそこはもう車の中だ。スマートな計器類とフロントガラスが見える。既にシートに着座している。

レース開始のカウントダウンとともにアクセルを踏み込むとステアリングから振動が伝わる。これはとてもリアルだ。
 

▲ステアリングには、左右にハンドル持ちながらシフトチェンジャーも付いている、

レースが始まると、そこはもう首都高速?、とっても見慣れた光景が広がっている。

とはいえ、車から見える風景にだけに見とれているわけには行かない。今はレース中だ。バックミラーやサイドミラーを見ると相手の車が追走しているのがわかる。

普通に車を運転している時の所作をして違和感がないところも驚きだ。真のリアルは日常で当たり前のことが違和感なく行える所なのだろう。

さて、"VR"というと酔いの問題も気になる点だろう。端的に言えば酔いは感じなかった。

憶測の域を出ない点ではあるが、車の中にある計器類や、そこまで大きさを感じないフロントガラスから見える風景による移動視野の範囲、道路を走るため、行き先が予想しやすいといったことなどが考えられる。

ただし、筆者は『Farpoint』を長時間連続でプレイしていても、さほど影響がなくなっているレベルなので参考程度に留めていて欲しい。

『グランツーリスモSPORT』は、PlayStationVRを使って更に上の体験ができるようになった。またステアリングコントローラーの想像上効果もあって、非常に高いレベルでの体験を行う事ができた。

プレイするのであれば、ステアリングとともにプレイした方が確実にアガるだろう。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( PlayStationVR(PSVR)ポリフォニー・デジタルPlayStation4

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『DEEMO』新作が発表 SMEの新レーベルUNITIESより
2 ドコモ、DayDream対応スマホ3機種を発表…「ジョジョ」コラボモデルや購入者全員にプレゼントする機種も
3 インフルエンサーマーケティングをビッグデータで解析 BitStarが分析ツール「Influencer Power Ranking」α版の提供開始
4 クリーク・アンド・リバー、ホテルのVR付き宿泊プランにVRゴーグルを提供へ
5 アマナイメージズ、360°パノラマ動画素材の取り扱い開始
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 富士通、Windows Mixed Reality用のヘッドセットを11月下旬から提供開始
8 【JVRS3レポート】SIE、Microsoft、HTCの3社がそれぞれの立場で語るVRを使った未来とは 
9 【PSVR】『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』、12月6日に無料で配信へ
10 【PSVR】『クーロンズゲートVR suzaku』10月26日発売決定 通常版と蓜島邦明氏の新録サウンド付き、PS4テーマ同梱バージョンも
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム