アドアーズに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

『黒騎士と白の魔王VR』 が「VR PARK TOKYO」に登場

2017年10月19日 14時36分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
グラニは、スマホRPG 『黒騎士と白の魔王』の世界観をVRで体験できるアトラクションを、アドアーズが運営する、VRエンターテイメント施設 『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)にて提供すると発表した。

また、『黒騎士』の世界観が手軽に動画で体験できるVRアプリも同時にリリースする。


■『黒騎士』VRアトラクション概要


 

・VR アトラクション設置場所
『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)

・名称
『黒騎士と白の魔王VR 潜入!魔王城 編』

・『黒騎士』VR アトラクション内容

『黒騎士』の物語のはじまりである、救世主が召喚されるシーンをVRで追体験できる。セオ、アリア、マンモンといった本編主人公と共に魔王城へ潜入する。VRならではの緊迫感ある潜入シーンと、モンスターとの迫力のバトルが必見だ。
 

■『黒騎士』VRアプリ概要


 
アプリ名称:黒騎士と白の魔王「VRミュージアム」

閲覧方法:
1:スマホのみ(360°動画)
2:VRゴーグルにスマホセットしたVRモード
配信日: 2017年10月20日(金)
App Store (iOS):https://itunes.apple.com/jp/app/id1282335049?mt=8
Google Play (Android):https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.grani.kurokishivr&hl=ja


・『黒騎士』VRアプリ内容
『黒騎士』VRアトラクションの映像が、スマートフォンでも閲覧できる他、『黒騎士』の舞台を3Dで再現した空間の中で、本編で流れるハイクオリティのアニメを楽しむことが可能だ。。


■『黒騎士と白の魔王』とは

従来のオンラインRPGをスマホに最適化させた、スマホ史上、最高に楽しめるオンラインRPGだ。

駆け引きの面白さを追求した、新機軸のバトルシステム「ウェイトシステム」をはじめ、生産やバザーなど、圧倒的なやりごたえを提供する。

詳細は公式サイトをご覧ください。
【公式サイトURL】 https://kuro-kishi.jp

また、公式Twitterアカウントでは、最新情報を随時発信しています。
【公式Twitter】 https://twitter.com/kurokishi_jp


■『黒騎士と白の魔王』

 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



© Grani, Inc.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アドアーズグラニ

ピックアップ

記事ランキング

1 Key、クラウドファンディングで目標金額の1000万円を40時間で達成…『planetarian』がVRアニメに
2 【PSVR】最後の追加DLC楽曲「M@GIC☆」が11月22日配信決定 『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』
3 CCP、Steamで未来型ドッジボール『SPARC』をリリース PSVRやOculusとのクロスプラットフォームも
4 【おはようVR】クリスが主役『バイオ7』DLCプレイレポート 『DOOM VFR』とPSVRのバンドル登場など
5 VR/ARを使った体験型アミューズメントが来春登場 サッカーやクレー射撃など約20種目を用意
6 【PSVR】『バイオハザード7』無料DLCの『Not A Hero』先行プレイリポートをお届け
7 最新の機器を使ってVRなどが体験できる「Galaxy Studio Kobe」が11月25日から開催
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ユニットコム、Core i7-8700KとGTX1070(8GB GDDR5)搭載 194,378円(税込)から
10 VR開発運営のジョリーグッド、約4億円の資金調達を発表 サービスの拡充と開発・営業体制の強化へ
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム