NVIDIAに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

NVIDIA、Windows Mixed Reality HeadsetのVR対応ドライバーをリリース

2017年10月24日 14時22分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NVIDIAは、「Windows 10 Fall Creators Update」で提供のあった「Windows Mixed Reality Headset」用Game Ready ドライバーのリリースを発表した。

NVIDIAは、このアップデートにおいて同社の GPU が優れた VR 体験を提供できるよう、Microsoft と緊密に連携していたという。これによってパフォーマンスとレイテンシを最適化、スムーズな、途切れのないVRゲームプレイを実現することで、最高の体験を提供できるようにしているとのこと。

既にAcer、Dell、HP、Lenovo、Samsungをはじめとする大手 OEM から「Windows Mixed Reality Headset」の販売を開始している。

同ヘッドセットでは「インサイドアウトトラッキング」という、外部カメラや外部センサーがなくても、ヘッドセットの空間位置情報を追跡できるようになるため、ユーザーがこれまでよりもずっと簡単に VR のセットアップと構成を行えるようになった。
 
なお、NVIDIAは、Windows Mixed Reality Headsetで最適な VR 体験を得るには、GeForce GTX 1060 またはそれ以上の性能のVR ReadyGPUをすすめているという。

それは没入感の高い VR を実現することは複雑な課題であり、従来の 3D アプリケーションやゲームの 7 倍ものグラフィックス処理能力が必要になるためとしている。
 
またユーザーが適切なデスクトップ PC やノートブック PC を簡単に見つけられるようにするため、VR Ready PC プログラムを用意した。

NVIDIA

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( NVIDIA

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど