DOOM VFR、ベセスダ・ソフトワークス、PlayStationVR(PSVR)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】『DOOM VFR 』12月21日に国内発売が決定 VRで地獄の深淵を体験

2017年11月10日 18時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジアは、12月21日に、『DOOM VFR』を、PlayStationVR 専用タイトルとして発売すると発表した。

『DOOM VFR』は、PlayStationVR で名作『DOOM』の世界に入り込み、敵をなぎ倒すFPS ゲームだ。
 

FPS とVRゲームの先駆者である id Software によって開発された本作は、スピーディーで激しいゲームプレイが好きなシリーズァンの方に、斬新な仮想世界体験を届けるという。

火星にある「UAC」の施設や地獄の深淵を舞台に、緊張感溢れるバトルや難解なパズルに挑戦しよう。

プレイヤーは、UAC によってサイボーグ化された唯一の生き残り。火星の施設でデーモンの侵略に立ち向かい、施設の安全を確保しながら最悪の事態の阻止を目指す。

全く新しい視点で『DOOM』ならではの独特な世界観を楽しみながら、デーモンの大群を殲滅せよ。


■『DOOM VFR』の特徴

・ストーリー

舞台はデーモンの襲撃が始まった直後のUAC火星研究施設。最後の生存者のあなたは死の直前、UACの不測の事態に対する緊急極秘プロトコルに従い、その意識を人工頭脳マトリックスに転送された。

与えられた命令は、施設の安定性を確保することと、あらゆる手段を用いてデーモンの猛襲を止めることだった。








【製品概要】
タイトル名 : 『DOOM VFR』
発売日 : 2017年12月21日(木)
対応ハード : PlayStation4/ PlayStationVR *ゲームプレイには PS VRおよび PS Camera が必要です
価格 : ¥3,980(税抜)
対応言語 : 日本語音声・日本語字幕/英語音声・英語字幕
対象年齢 : 審査予定
 

公式Twitter



権利表記 : DOOM® VFR © 2017 id Software LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos
are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. DOOM, id, id Software, id Tech and related
logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ベセスダ・ソフトワークスDOOM VFRPlayStationVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
3 【PSVR】ACTパズルアドベンチャー『MOSS』の北米発売日が2月27日に決定 体験版の公開や予約も受付中
4 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
5 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
6 SAT-BOX、STEAMで旧正月セールを開催 『ボクセルショットVR』などが最大60%オフに
7 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
8 【おはようVR】グリーがファンド名を変更、AR/MRなど幅広い領域にも投資 サードウェーブが『UE4 Tech Summit』開催など
9 『日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門』の応募概要決定 募集テーマは「うつす」…AR/VRを使用した作品も可
10 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど