VRコンソーシアムに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【イベントレポート】笑いの絶えないハイレベルな雑談 今年で最後となった「VRCカンファレンス」の様子をお届け

2017年11月16日 16時51分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VRコンソーシアム(VRC)は、11月11日、東京渋谷区にあるMixiのオフィス内で第三回「VRCカンファレンス2017  ファイナル」の開催を行った。

開会挨拶に登壇したのは、VRコンソーシアム 代表理事でありハコスコの代表でもある藤井 直敬氏だ。

VRコンソーシアムが始まったのが2015年。その当時はVRイベントと言うと、桜花一門の高橋建滋氏の「オキュフェス」だけで集まる場所がなく、「事業としてVRを立ち上げると言うのが重要だ」と考えていたという。(藤井氏)

デジタルハリウッド大学 学長の杉山知之氏に相談したところ「是非やろう」といって設立したのが、VRコンソーシアムとなる。
 

▲藤井 直敬氏

藤井氏は「設立から3年経ち多くの人がVRに興味を持つようになった。イントロダクションはだいたいできたのではないか」とここ数年の活動を振り返った。

同イベントで集まって知見を共有するのはこれが最後になると話した藤井氏、VRCの活動は今後アワードにフォーカスしていくのだという。

セッションではVRに情熱を持っている国内のトッププレイヤーに集まっているが、知見の共有ではなく雑談をしてもらうのがこの会の狙いだと藤井氏は語った。

「ハイレベルの人がする雑談は普段聞けない、どんなくだらないことを考えているのか。ただそういうところに次のヒントが隠れている」、藤井氏は今回一人のオーディエンスとして楽しみにしていると嬉しそうに話していたのが印象的だった。
 

▲暦本純一氏

4時間以上もある中で、基調講演を行ったのは東京大学大学院 教授の暦本純一氏だ。暦本氏は「HUMAN ARGUMENTATION」をタイトルに話をしてくれた。情報伝達用途を目的としがちなAR技術において、プライバシー保護のためのプログラマブル窓の話など、非常に興味深い内容の多い講演だった。
 

 
桜花一門 代表取締役社長の高橋建滋氏、ハシラス 代表の安藤晃弘氏、 エクシヴィ 代表取締役社長の近藤 “GOROman” 義仁氏 、VIVE Japan - Director of Sales Operationの西川美優氏らが語る「VR先駆者のいまとこれから」。

話はOculusのDK1に出会って人生が狂った時からの振り返りや、今後発売する新しいHMDに関してなど、現在のVRのブームを牽引してきた4者の見解を聞くことができた。
 

 
かなりきわどい話も飛んでいた「ゲーム・エンタメのこれから」では、Enhance ​CEOである水口哲也氏、バンダイナムコエンターテインメントのコヤ所長(小山順一朗氏)&タミヤ室長(田宮幸春氏) 、gumi 代表取締役社長の國光宏尚氏が登壇した。(このセッションに関しては別途記事化を行う)
 

 
「現実越境テクノロジーのこれから」では、東京大学 教授の稲見昌彦氏、東京芸術大学 美術学部 准教授の八谷和彦氏、UEI 代表取締役社長 兼 CEOの清水亮氏が登壇している。
 


「VRとこの一世紀(50年前から今、そして50年後)」では、デジタルハリウッド大学 学長の杉山知之氏、デジタルネイチャー研究室主宰、メディアアーティストの落合陽一氏、再びの登壇となった近藤 “GOROman” 義仁氏も。
 
▲クローズセッションでは、稲見昌彦氏、藤井直敬氏、杉山知之氏、近藤 “GOROman” 義仁氏、落合陽一氏、八谷和彦氏、水口哲也氏と豪華メンバーが一挙に登壇。

クローズセッションで特に印象に残った話として、落合陽一氏だ。今のVRは「web2.0」のようだという。それは日本はコミュニティが小さいので成熟してすぐ飽きてしまう。今のVRは良くなく、スマートフォンを超えるのがVRのチャレンジだったにも関わらず超えることができなかったという内容だ。

その原因として、単レンズ光学に限界がありARレンズも「ホロレンズ」のようなダサいものしかなかったとバッサリ。

ただし「このグラスウェアの進化によってここ2、3年で一気に来るのでは?」とも考えているようだ。

SIGGRAPHの論文は、「今がVR」といった論調の論文が出てきたことを挙げた。普段VRに馴染みのある人にとっては「今さらか」と思うけれど、それは僕達のコミュニティは小さくて感覚が麻痺しているだけだという。

光学系の論文も多く出てきており、「今がVRなんです」と強調した。

今後は軽くて小さくてバッテリーが1週間もつようなものが作れるかが重要とし、そのうちスマートフォンを超えるようなデバイスが出てくるとした。

あと5年も経てば何故あんな小さい画面を撫で回していたのか笑い話しになるのではないか。今開発者が力を緩めると「web2.0」のようになってしまうので、あと1年は粘ったほうが良いと語っていた。
 

 
閉式では、再び藤井直敬氏が登壇。イベントに協力してくれた協賛のスポンサー、会場を貸してくれたmixiや登壇したスピーカー、参加者、ボランティアスタッフへの謝辞を述べ、最後は落合陽一氏のVR4本締めでカンファレンスを締めくくった。

なお今回のイベントはYoutubeでも公開中だ。セッションごとにわかれており非常に見やすくなっている。

VRに興味がある人というだけではなく"先端技術やテクノロジーで生活が変わる事のおもしろさ"を信じている人は、是非とも見て欲しい。
 

VRコンソーシアム(Youtube)

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( VRコンソーシアム

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】あの『WipEout Omega Collection』にVRモードが追加 2018年初頭のアップデートにて
2 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
3 ジャパンディスプレイ、VR専用液晶ディスプレイ803ppiを開発…1000ppiも視野に
4 【PSVR】Zen Studiosの『Pinball FX2 VR』が国内リリース ウォーキングデッドの追加DLCも発売に
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 【PSVR】12月14日に『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が無料配信へ 本編がなくても楽しめる
7 アドアーズ「VR PARK」が北海道へ進出 既存の施設とは異なる4機種6台のアトラクションを用意… 12月20日にオープン
8 【おはようVR】PSVRで『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が無料配信 『WipEout』VRが2018年にリリースへなど
9 NVIDIA、110 TFLOPSの『TITAN V』を発表 価格は2999ドルに
10 ハコスコ、Insta360の日本 戦略パートナー・代表代理店に認定 販売代理店の開拓・プロモーション支援も
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム