VR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

続報は2018年に ワーナー・ブラザース、『HARRY POTTER: WIZARDS UNITE (邦題未定)』のパートナーシップを発表

2017年11月21日 15時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Niantic, Inc.と Warner Bros. InteractiveEntertainment は、J.K.ローリングによるウィザーディング・ワールドを元にした AR(augmented reality – 拡張現実)を使ったモバイルゲーム、『Harry Potter: Wizards Unite (邦題未定)』を共同開発中だ。

Portkey Games のレーベルの元、『Harry Potter: Wizards Unite』では、最先端の AR モバイル技術を使うことで、魔法使いになりたいという世界中の人々の夢を叶えることができる。

Niantic の AR モバイルゲームプラットフォームと、WB Games San Francisco の開発・パブリッシングチームのフランチャイズに対する専門知識によって、『Harry Potter: Wizards Unite』 をプレイすると、魔法は私たちの身近にあり、プレイヤーがハリー・ポッターの世界の一部であるかのような体験が可能だ。

地球上の様々な現実世界を探索することによって、プレイヤーは冒険したり、学んだり、そして呪文をかけたり、さらに不思議な魔法道具を発見したり、伝説的な魔法動物や有名キャラクターに出会ったりすることできる。

『Harry Potter: Wizards Unite』は Warner Bros. Interactive Entertainment の Portkey Games によるゲームタイトルだ。

Portkey Games は J.K.ローリングのウィザーディング・ワールドを元にしたコンソールゲームとモバイルゲームのために新たに作られたゲームレーベルとなる。

「Niantic のゴールは、人々に、自分たちのまわりにある素晴らしく、時には不思議なものに気づくことにつながる経験を現実世界でさせるため、技術を最大限活用することだ」と同社の CEO であり、設立者の John Hanke は述べている。

『Harry Potter: Wizards Unite』に関する詳細な続報は 2018 年に発表する予定だという。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】あの『WipEout Omega Collection』にVRモードが追加 2018年初頭のアップデートにて
2 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
3 ジャパンディスプレイ、VR専用液晶ディスプレイ803ppiを開発…1000ppiも視野に
4 【PSVR】Zen Studiosの『Pinball FX2 VR』が国内リリース ウォーキングデッドの追加DLCも発売に
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 【PSVR】12月14日に『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が無料配信へ 本編がなくても楽しめる
7 アドアーズ「VR PARK」が北海道へ進出 既存の施設とは異なる4機種6台のアトラクションを用意… 12月20日にオープン
8 【おはようVR】PSVRで『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が無料配信 『WipEout』VRが2018年にリリースへなど
9 NVIDIA、110 TFLOPSの『TITAN V』を発表 価格は2999ドルに
10 ハコスコ、Insta360の日本 戦略パートナー・代表代理店に認定 販売代理店の開拓・プロモーション支援も
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム