ダズルに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ダズル、西武鉄道と次世代お化け屋敷アトラクション「怨霊廃線VR」をとしまえんにて期間限定にオープン…鉄道の職場体験要素も含めた取り組み

2017年11月30日 17時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ダズル、西武鉄道、豊島園は、VR技術を活用した次世代型お化け屋敷「怨霊廃線VR」をとしまえんにて開催すること発表した。期間は2017年12月22日から2018年4月9日となる。

今回の取り組みは、 西武線沿線のさらなる活性化を目的しており、 沿線を代表するエンターテインメント施設「としまえん」で長年親しまれているダークライド「ミステリーゾーン」にて、 最新のVR技術を活用した次世代型お化け屋敷アトラクションとなる。

また、西武鉄道としては、 今後の鉄道事業にVR技術をどのように活用できるのか検証することも本取組みの目的としている。その為、アトラクション内容にはエンターテインメント要素のみでなく、鉄道の職業体験要素を含ませており、 「エンターテインメント」「教育」「VR技術」のさまざまな魅力に触れられるアトラクションとなっている。


■「怨霊廃線VR」ストーリー※プレスリリースより

人々から忘れられた廃線……そこはいつしか悪霊の住処となっていた……
ある日、 鉄道係員として廃線の点検に訪れたあなたに、 悪霊たちが襲いかかる──!

点検車両に乗って除霊しながらミッションを完遂せよ!
360度逃げ場のないこの恐怖体験にあなたは耐えられるか──
 





 

■「怨霊廃線VR」概要 
○アトラクション名 
怨霊廃線VR

○営業期間 
2017年12月22日(金)~2018年 4月 9日(月)

○場所 
としまえん ミステリーゾーン

○内容 
「ホラー」というエンターテインメント要素と、 「線路点検」という職業体験要素をVR技術で 繋ぎ合せた次世代お化け屋敷。 
既存のミステリーゾーンの施設はそのままに、 VR技術により全く新しいアトラクションへ生まれ変わりました。 

○料金 
木馬の会会員、 1日券購入のお客さま:300円
上記以外のお客さま:500円
※別途入園料が必要となります。 

○利用制限 
身長110cm以上の方がご利用になれます(13才以上推奨)
※13才未満の方は単眼型スコープでのご利用となります。 

○その他 
イメージ動画は近日中に、 Youtube「西武鉄道公式チャンネル」にて公開予定です。
 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ダズル

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】あの『WipEout Omega Collection』にVRモードが追加 2018年初頭のアップデートにて
2 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
3 ジャパンディスプレイ、VR専用液晶ディスプレイ803ppiを開発…1000ppiも視野に
4 【PSVR】Zen Studiosの『Pinball FX2 VR』が国内リリース ウォーキングデッドの追加DLCも発売に
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 【PSVR】12月14日に『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が無料配信へ 本編がなくても楽しめる
7 アドアーズ「VR PARK」が北海道へ進出 既存の施設とは異なる4機種6台のアトラクションを用意… 12月20日にオープン
8 【おはようVR】PSVRで『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』が無料配信 『WipEout』VRが2018年にリリースへなど
9 NVIDIA、110 TFLOPSの『TITAN V』を発表 価格は2999ドルに
10 ハコスコ、Insta360の日本 戦略パートナー・代表代理店に認定 販売代理店の開拓・プロモーション支援も
11位以下のランキングを見る

注目のVRゲーム