VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Google、DayDreamを発売 価格は12000円に…公式サイトには『釣りスタVR』も

2017年12月01日 12時22分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleは、12月1日、モバイル用のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)『Daydream View』の予約販売をGoogle Play Storeで開始した。価格は12000円だ。

対応端末は、

・Galaxy S8 / S8+
・Galaxy Note 8
・ZenFone AR
・Axon 7
・Moto Z、Z2
・LG V30

となっている。

サイズは、長さ: 167.8 mm、幅: 117.1 mm、高さ: 100.2 mm、重量261g、材質は軽量ファブリックで、カラーはチャコールとなっている。

また、対応タイトルとして『釣りスタ! VR』や『NEED FOR SPEED NO LIMITS VR』などを公開している。



公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 オリンピックを見据えた警視庁への提案も 日常業務を変革するサン電子のAR技術を使った『AceReal One』とは
2 【PSVR】プリズムプラス、韓国のゲームスタジオとVRパズルゲームを共同開発 春に発売予定
3 【PSVR】ACTパズルアドベンチャー『MOSS』の北米発売日が2月27日に決定 体験版の公開や予約も受付中
4 モノビット、GTMF2018の幹事会社として参画 大阪は6月27日、東京は7月13日に開催
5 グリー、「GVR Fund」を「GFR Fund」にファンド名を変更 AR/MRなど幅広い領域にも投資へ
6 SAT-BOX、STEAMで旧正月セールを開催 『ボクセルショットVR』などが最大60%オフに
7 NTTドコモ、5G通信を見据えた8KVRミュージックビデオの提供を開始 安室奈美恵さんのライブパフォーマンスを体感
8 【おはようVR】グリーがファンド名を変更、AR/MRなど幅広い領域にも投資 サードウェーブが『UE4 Tech Summit』開催など
9 『日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門』の応募概要決定 募集テーマは「うつす」…AR/VRを使用した作品も可
10 360Channel、同社のVRプロデュース事業「VR PARTNERS」でSUBARU「ゲレンデタクシー」を魅せる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど