VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ジャパンディスプレイ、VR専用液晶ディスプレイ803ppiを開発…1000ppiも視野に

2017年12月12日 13時17分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャパンディスプレイは、仮想現実ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)専用の3.6型803ppi低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ(以下、LTPS TFT-LCD)の開発を発表した。

同社では、HMD向け高精細ディスプレイの開発を加速し、2018年上期には1000ppiを超えるディスプレイの開発を完了する予定だという。

量産化しているHMD向けLTPS TFT-LCDは、600ppi程度の画素で画像のリアリティを高めている。



だが、レンズ越しに見たときに画素の固定パターンが見える場合があり、800ppi以上のさらなる高精細ディスプレイが望まれているとのこと。

またHMDの小型軽量化のためにはディスプレイを小さく、レンズ倍率を大きくする必要があり、1000ppi以上の高精細への要求もあるようだ。

現在、VR-HMD専用機の扱うディスプレイデータ量と速度は、スマートフォンと比較して非常に大きく、そのため通信ベースでリアルタイムにデータを受け取ることは困難であり、有線システムなどを使用することが主流となっている。

しかし、2020年のサービス開始を目指している次世代通信の5Gの登場により、無線通信を使ってリアルタイムにデータを受けることが可能となり、VR-HMD専用機を使った様々なアプリケーションやサービスが生まれる快適な環境が整ってくるというのが同社の予測だ。

5G通信の普及により今後、超高精細VR専用液晶ディスプレイが搭載された、VR-HMD専用機の市場規模の拡大が期待しているという。


■製品の概略仕様
 
液晶モード VR専用IPS
サイズ 3.60型
解像度 1920×RGB×2160
精細度 803 ppi
リフレッシュレート 90Hz
輝度 Typ. 150 cd/m2
応答速度 4.5ミリ秒(中間応答ワーストケース)
色域 Typ. 70% (x,y)
コントラスト比 Typ. 700:1
バックライト方式 グローバルブリンキング


 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ARを使って『劇場版SAO』の世界感を楽しむ 都内を巡るスタンプラリーが開催に
2 【PSVR】荒廃した未来が舞台 アクションADV『Apex Construct』が国内含め2月にリリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
3 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
4 VR Center、バレンタインデーカップルチケットを発売 1月22日~2月14日まで
5 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 バンナム、スマホでできるVRライブ『Vivid Real LIVE ドリフェス!R』を今春配信 
8 UE4の学習目的コンテスト「ぷちコン」が開催
9 エロマンガ先生VRの「水着編」発売決定 バーチャルゲートで先行配信へ
10 【おはようVR】EAのクリエイターのVRアクション『Apex Construct』が2月リリース ナムコ、SC全国大会にブース出展でVRの無料体験など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど