VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ソフトバンク、愛知時計電機とIoTを利用した水道メーター自動検針の実証実験の発表…漏水や災害時の迅速な対応化も

2017年12月15日 11時06分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


愛知時計電機<7723>とソフトバンク< 9984>は、LPWA(省電力で広域に利用できる無線通信規格)の一つであるNB-IoTを利用した水道メーターの無線自動検針の実証実験を開始すると発表した。

2018年1月より開始する本実証は、地中に設置されている水道メーターの検針値を、NB-IoTを利用して取得した時の受信強度や通信成功率、通信時間などの確認を行い、水道メーターのスマート化にNB-IoTが適用できるかを検証するという内容だ。

まずは地中に設置されている水道メーターの検針値に関してだ。

検証では、NB-IoTを利用して取得した時の受信強度や通信成功率、通信時間などの確認を行うことで、水道メーターのスマート化にNB-IoTが適用を確認する。

この際に利用する水道メーターは愛知時計電機が開発中の光ピックアップ方式*の水道メーターにNB-IoT対応モジュール(セイコーソリューションズ製)を搭載している。

最新のIoT通信に適した技術によって、水道メーターとソフトバンクのIoTプラットフォーム間のデータ通信量を削減しデバイスの低消費電力化を目指すとしている。

さらに今回の実験の一つである検針業務については、通常2カ月に1度実施している、データ取得のタイミングの短縮化の検証も行う。

その他、同じ地域や時刻から取得できる複数の水道利用データをソフトバンクのIoTプラットフォームを通じて可視化し、他のデータ(電力、ガス、他センサーなど)と連携させながら総合的に分析。

この分析によって漏水や災害時に素早対応ができるようにするほか、さまざまな活用方法についても検討しているという。

両社は本実証で無線自動検針化による検針コストの削減や漏水検知、水運用計画の効率化のほか、スマートメーターで取得するデータと日常の活動との関連性を分析し、見守りサービスやヘルスケアなど、新しいサービスの創出に向けて検討を進める、と説明している。


■実証実験概要

1. 目的
NB-IoTを利用した水道メーターの無線自動検針の性能、有効性の確認と、取得データを活用した新たなサービスの開発。

2. 対象地域
愛知県内の水道事業体

3. 期間
2018年1月下旬(予定)~2018年3月下旬

実証実験のイメージ図



・光ピックアップ方式の水道メーター




発信器の特長

・無線通信(NB-IoT)に対応
・OMA(Open Mobile Alliance)に準拠したIoT通信技術に適した通信プロトコルLightweightM2Mを搭載
・指針回転検出(積算値演算)
・ロードサーベイ機能


 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど