VR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

サイバーエージェントグループの「VR Agent」、2017年9月期は200万円の最終赤字 

2017年12月18日 15時21分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバーエージェントグループは、12月18日の官報において、2017年9月期の決算公告を一斉に掲載した。

VR Agentは、最終損益が200万円の赤字だった。



 

同社は2016年12月1日に設立。大人気女性向けスマホパズルRPG『夢王国と眠れる100人の王子様』の派生アプリ『夢100 AR』や、スマートフォン向け学園ライフアドベンチャーゲーム「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」はのARアプリ「グリモアAR」といったARアプリの開発を行っている。

また、ロケーションVR領域においては、アドアーズが運営するVR PARK TOKYOにて提供するVRアトラクション「ようこそパニックマンションへVR」で、VRゲームにおけるリアルタイムマルチプレイ技術を提供している。

この技術は、写真から簡単にVR用の3Dフェイスを生成したアバターでマルチプレイができる技術で、VR Agent、グリーのVRコンテンツ開発を専門に行うGREE VR Studio、モーションポートレートの3社で開発を行っている。

・関連記事

CAグループの主要ゲーム各社の決算 『戦国炎舞』のサムザップの最終利益は37億円、『ガルパ』好調のCraft Eggの最終利益が11億円

Cygames、17年9月期は横ばいの133億6000万円 グループ各社も掲載

AbemaTV、2017年9月期は191億円の最終赤字 今期も投資を継続




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど