VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VR Center、利用料金を改定 回数券制で全てのコンテンツが同一料金に…小学生料金の採用も

2017年12月21日 15時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VR Centerは、同施設の利用料金の価格改定を発表した。以前は、体験する内容によって料金に差があったが、回数券制で全てのコンテンツが同一料金になったこと。

そして子供料金の導入で小学生はさらに割安な価格で体験できるようになっている。

料金の詳しい詳細は以下の通りだ。


■新料金概要

【1回券】

大人(中学生以上) 600円、子供(小学生) 400円

【2回券】

大人(中学生以上) 1,100円、子供(小学生) 700円

【3回券】

大人(中学生以上) 1,500円、子供(小学生) 1,000円

【5回券】
大人(中学生以上) 2,400円、子供(小学生) 1,500円


*表示価格は税込み価格
*回数券のご利用は、本人限定でシェアはできない
*一部のコンテンツについては、個別に年齢制限・身長制限を設定しているものがある
 
■展開コンテンツ


・レイクタウンVR~落下体験~ (体験時間 約1分30秒)

VR Centerがある越谷上空に急スピードで飛び上がり、そこから真っ逆さまに落ちるフリーフォール型コンテンツ!
劇場用4Dシート「MX4D」が可能にした超・爽快のアトラクション体験ができます。

・恐竜戯画 (体験時間 約4分)

果てしなく広がる恐竜世界。ティラノサウルスをはじめ、陸・海・空の様々な恐竜たちが次々と目の前に迫ってきます。まるで自分がそこにいるような没入感が味わえる、大迫力のタイムスリップ体験。劇場用4Dシート「MX4D」を使用。

・メガロドン 伝説の巨大鮫 (体験時間 約4分)

日本初導入!美麗なフルCG映像に加えて浮遊感やスピード感などの体感演出による高次元没入VR体験。劇場用4Dシート「MX4D」によって大迫力・ハラハラドキドキの海底大冒険がお楽しみ頂けます。

・「BLAST x BLAST」(SIMVR) (体験時間 約7分)

近未来都市を舞台にした体感型SFシューティングアトラクション。VRに特化したライドシミュレータ「SIMVR(シンバ)」を採用し、ピッチ(左右)・ヨー(上下)・ロール(進行方向)の3次元の傾きと加速を体感することができます。

・「BLADE x BLADE(ブレード・ブレード)」(SIMVR) (体験時間 約7分)

「BLAST x BLAST」の新バージョン。ウェポンは「ツインライトブレード」二刀流による攻撃。近接戦は華麗な剣さばきでこなし、離れた敵には「チャージスラッシュ」でソニックブームを発射!

・Urban Coaster (体験時間 約3分)

摩天楼上空をかけぬける空中疾走ジェットコースター体験。爽快かつスリル満点のVRを楽しむことができます。

・Hashilus (体験時間 約3分)

世界初の常設型VRアトラクションとしてデビューをした乗馬レースを体験することができます。

・HADO (体験時間 約3分)

エナジーボールとバリアを駆使して、相手プレイヤーのライフを削りながら対戦。自由にフィールドを動き回り、最大3対3の熱いバトルを繰り広げます。

・リアルモンスターバトル魔王戦 (体験時間 約3分)

AR技術を駆使し、ファイヤーボールを放って仮想世界の敵を倒せ!現実の世界でフィールドを自由に動き回り、仲間と共に魔王を討伐するアトラクション。氷と炎の魔法を操り、勝利を掴め!

・オバケリアVRクリーピングテラー (体験時間 約4分)

行方不明事件を捜査中に容疑者アジトに拘束された捜査員。プレイヤーは特殊ゴーグルを装着することでその捜査員の視覚を遠方からジャック。捜査員に降りかかる恐怖を同時に体験する、というVR の没入感を活かした設定です。数々の映像アトラクションを手がけてきたダイナモアミューズメントによる演出が恐怖感と没入感を高めています。


■期間限定コンテンツ

・「ウルトラ逆バンジー」 (体験時間 約2分)
逆バンジー台を使って都会のど真ん中に建つ巨大な鉄塔からウルトラ大ジャンプ!!
急降下する逆バンジー台はまるでジェットコースター!
どこまで飛んでいく? …こ、この景色はいったい…? 果たして無事に着陸できるのか?!
思わず息をのむような展開に振り回されっぱなしの絶叫系VR体験を全身でお楽しみ下さい。

・Photon Racer (体験時間 約4分)

近未来都市を舞台に、コース上に設置された様々なトラップを潜り抜け、最速を目指せ!
従来のVR筐体には無かった、人の目を惹きつけるド派手なインパクトを持ったPhoton Bike(フォトンバイク)は、レース内容に合わせて可動するだけではなく、筐体前部から出る風により、まるで実際にバイクに乗っているような臨場感を体験することができます。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ARを使って『劇場版SAO』の世界感を楽しむ 都内を巡るスタンプラリーが開催に
2 【PSVR】荒廃した未来が舞台 アクションADV『Apex Construct』が国内含め2月にリリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
3 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
4 VR Center、バレンタインデーカップルチケットを発売 1月22日~2月14日まで
5 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 バンナム、スマホでできるVRライブ『Vivid Real LIVE ドリフェス!R』を今春配信 
8 UE4の学習目的コンテスト「ぷちコン」が開催
9 エロマンガ先生VRの「水着編」発売決定 バーチャルゲートで先行配信へ
10 【おはようVR】EAのクリエイターのVRアクション『Apex Construct』が2月リリース ナムコ、SC全国大会にブース出展でVRの無料体験など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど