VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

MSI、「Radeon RX Vega 56」のオーバークロックモデルを発表

2017年12月25日 16時43分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Micro-Star International(以下、MSI)は、AMDのRadeon RX Vega 56を採用したグラフィックスカードのラインナップに、オーバークロックモデルの「Radeon RX Vega 56 Air Boost 8G OC」を追加を発表した。

市場想定価格(税別)は、73,580円だ。

本製品は、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャである開発コードネームVegaを採用したグラフィックスチップの下位モデルであり、GLOBAL FOUNDRIESの14nm FinFETプロセス技術により56個のCompute Unitを統合することで3584基のストリーミングプロセッサを搭載したRadeon RX Vega 56を採用したオーバークロックモデルだ。

その心臓部となるGPUには、新たにより高クロックで動作可能なVega 10 XLHチップを搭載することでリファレンス設計より高速な、ベースクロック1181MHz、ブーストクロック最大1520MHzのオーバークロック動作を可能にしている。

また、従来のグラフィックスメモリにあたるHigh Bandwidth CacheとしてHBM2メモリを8GB搭載し、2048bit幅のメモリインターフェースで410GB/sのメモリ帯域を実現。最新のVRタイトルもスムーズに楽しむことができる。

ディスプレイ出力には、DisplayPort×3とHDMI×1を備え、AMD Eyefinityによる最大4画面出力に対応するほか、AMD独自の画面同期技術であるAMD FreeSyncテクノロジーもサポートしている。

カードの電源部にはMSIの高性能コンポーネント規格であるミリタリークラス4に準拠した低発熱のアルミ電解コンデンサなど、カード上のすべてのコンデンサに固体コンデンサを採用し、電力効率の向上と、安定性の実現を最優先に開発されている。

さらに、カード上面にあるMSIロゴは赤色LEDによる発光をサポート。MSIのほかのグラフィックスカードと同様、独自ユーリティティのAfterburnerによって、システム環境に応じて、さらなるオーバークロックを試みることも可能だ。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。


 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】荒廃した未来が舞台 アクションADV『Apex Construct』が国内含め2月にリリース…元EAなどのクリエイターが集うVRゲーム会社Fast Travel Gamesの初作品
2 エロマンガ先生VRの「水着編」発売決定 バーチャルゲートで先行配信へ
3 バンナム、スマホでできるVRライブ『Vivid Real LIVE ドリフェス!R』を今春配信 
4 ARを使って『劇場版SAO』の世界感を楽しむ 都内を巡るスタンプラリーが開催に
5 マイクロソフト、MRパートナープログラムで新たにパートナーを認定 インフォマティクス、KPMG コンサルティング、南国ソフトの3社に
6 Unity、完全食COMPとコラボ Global Game Jam 2018参加者全員にプレゼント
7 UE4の学習目的コンテスト「ぷちコン」が開催
8 VR Center、バレンタインデーカップルチケットを発売 1月22日~2月14日まで
9 【おはようVR】EAのクリエイターのVRアクション『Apex Construct』が2月リリース ナムコ、SC全国大会にブース出展でVRの無料体験など
10 プリンスホテル、ドコモが企画開発する体感型VRアトラクションを使ったプロモーションを実施
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど