PlayStationVR(PSVR)に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開

2018年01月09日 12時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 


2017年6月に発売した「PlayStation VRシューティングコントローラー」は、人間工学に基づいたデザインをした銃型のコントローラーだ。

直感的な操作が可能なコントローラーで、FPSにおいて、目標を正確に捉えることができプレイヤーの大きな力となる。

また仮想空間においてその没入感を高めるという意味でも非常に効果的なコントローラーだ。

VRの世界では、マルチモーダルという「視界」「音」「触っているもの」など複数の異なる感覚が、実世界とVRの世界の中で全て一致すると、センス・オブ・プレゼンス(その場にいるかのような感覚)が大きく向上する。

実際に筆者も『Farpoint』など同コントローラーを使用してプレイしたところ、その世界へのハマり具合が段違いであった。

銃で狙って撃つという現実世界ではあたりまえの動きがゲーム内でもできるのは非常に効果的だ。

今回はそんな「PlayStation VRシューティングコントローラー」に対応したタイトルを紹介する。
 
 
■『FarPoint』​



『FarPoint』は、PlayStationVR専用FPSで、シングルプレイのキャンペーンモードと、オンラインを使ったCo-op機能、1対1のオンライン対戦モードを搭載している。

プレイの際にはお馴染のDUALSHOCKコントローラーや、自動小銃のような型をした専用の「PlayStation VRシューティングコントローラー」でプレイできる。

キャンペーンモードでは、宇宙で発見された「無限のエネルギー」を研究するために造られた宇宙ステーション「ピルグリム」から始まる。

連絡船のパイロットであるプレイヤーは、突然発生したワームホールに吸い込まれて辿り着いた未知の惑星からの脱出を目指すという内容だ。「ピルグリム」に同乗していた博士たちの運命はいかに。

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:シューティング
・発売日:2017年6月22日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 5,900円+税
パッケージ版 「PlayStation VR シューティングコントローラー」同梱版 希望小売価格 8,900円+税
ダウンロード版 販売価格 6,372円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1〜2人)
・CERO:D(17才以上対象)
※PlayStation VR専用

 
■『The Brookhaven Experiment』


Phosphor Gamesが開発した、PlayStation VR専用のサバイバルシューティングゲーム『The Brookhaven Experiment』。発売当初は「PlayStation VR シューティングコントローラー」に対応していなかったが、アップデートによって動作するようになった。

同タイトルは、主観視点のシューティングゲームで、周囲から現れるおぞましい怪物達を撃退するという内容だ。

すべての片手武器をさまざまなライフルへの変更、武器と懐中電灯が一体化し、プレイヤーが狙っているところを常に照らし出すことができる。

配信日:2017年2月23日
販売価格:1,999円 (税込)
ジャンル:アクション
フォーマット:PS4
販売形態:ダウンロード
CEROレーティング(対象年齢) :CERO D(17歳以上対象)    
プレイヤー:1人
PlayStationVR:専用

 
■DOOM VFR
 

『DOOM VFR』は、FPSの名作『DOOM』をベースにVR化したエネルギッシュなタイトルだ。

火星にある「UAC」の施設や地獄の深淵を舞台に、プレイヤーは、UAC によってサイボーグ化された唯一の生き残りとなる。

火星の施設でデーモンの侵略に立ち向かい、施設の安全を確保しながら最悪の事態の阻止を目指すという内容だ。
 
タイトル名 : 『DOOM VFR』
発売日 : 2017年12月21日(木)
対応ハード : PlayStation4/ PlayStationVR *ゲームプレイには PS VRおよび PS Camera が必要
価格 : ¥3,980(税抜)
対応言語 : 日本語音声・日本語字幕/英語音声・英語字幕

 
■『Dick Wilde』


『Dick Wilde』は、害獣を駆除するFPSタイプのゲームだ。

空腹のピラニアや、怒っているアリゲーター、鮫など、襲いかかる害獣をエレキトリックボウや、ネイルガンといったペイントボールガンといったコミカルな武器から、ショットガンやノコギリ刃の銃までハードコアなウェポンを使って駆除していく。

なお、ステージ終盤には主とでも呼ぶべ巨大のボス亀の姿も?


 
■​Bravo Team(2018年発売予定)



イングランド・ギルフォードを拠点とするSupermassive Gamesが開発中、PlayStation VR シューティングコントローラーとオンライン協力プレイに対応予定の、FPSゲーム『Bravo Team』。

同タイトルは、PlayStation VRとPlayStation VR シューティングコントローラーでの利用を念頭に置いて開発されている。舞台は架空の東ヨーロッパの都市となり、プレイヤーは、自らの生き残りをかけ戦闘に身を投じるという内容だ。

協力プレイにも対応しており、ゲームが始まればごく自然に会話できるため、「トラックの上に敵がいる」「今めっちゃ撃たれてるから助けて!!」といったやりとりをしながら友達と体験できる。



DOOM® VFR © 2017 id Software LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos
are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. DOOM, id, id Software, id Tech and related
logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( PlayStationVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 ドコモ、「みんなのVR」を美祢市の観光協会に提供
2 スマホ向けVRアプリ『ソードアート・オンラインVR Lovely♡Honey♡Days』の事前登録が開始 アスナを様々な角度から激写可能
3 【PSVR】『WipEout Omega Collection』体験版が欧州でリリース 北米では近日配信へ
4 【おはようVR】PSVRのタワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年発売 国際消防防災展にVR防災体験車が登場など
5 【PSVR】タワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年に国内発売 動物と共にエイリアンから地球を守ろう
6 凸版印刷、VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』を5月25日から特別上演へ  東洋館内 TNM & TOPPAN ミュージアムシアターにて
7 MSI、VR対応GAMINGデスクトップ「Trident 3シリーズ」の新モデルを発表 コンソールサイズの筐体にGTX 1070や第8世代Intel Coreモデルも
8 「WIRED」日本版の元編集長 若林氏がソニーとの新プロジェクト「trialog」を正式稼働 トークイベントでは水口哲也氏やSIE秋山賢成氏らが登壇
9 mikai、VTuber向けの楽曲提供を行うサウンドクリエイターオーディションを開催 定期的な楽曲制作依頼で継続的な収入も
10 【PSVR】SIEが6月12日10時から「E3 2018 SHOWCASE」をストリーミングで配信 新作への期待が高まる
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど