VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ロケーションベースVR協会、「施設型VR」の利用年齢ガイドラインを発表…7歳以上〜13歳未満は連続20分の利用で休憩など

2018年01月05日 12時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ロケーションベースVR*の運営に関わる主要事業者によって構成された一般社団法人ロケーションベースVR協会は、両眼立体視機器を使用した施設型VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインを施行した。

*ロケーションベースVRとは、ヘッドマウント・ディスプレイによるVR映像と体感型ハードウェア機器・アトラクション等を連動させ、リアルな体験を提供する施設型VRコンテンツを指す。

バンダイナムコエンターテインメント、アドアーズ、CAセガジョイポリス、カプコン、ハシラス、グリーといった多くの企業が正会員となっている同協会だが、今回のガイドラインで、7歳以上13歳未満の子供への利用についての発表を行っている。

その内容として、13 歳未満の子供が使用する場合、利用するにあたっては保護者に同意を得た後、保護者の責任で利用することが前提として
 
・7歳以上であること

・VRコンテンツの利用時間において、連続20分の利用に対し10分から15分程度の休憩

・斜視や複視、その他、視力の異常や眼科的疾患のある子供、眼科に通われている子供は、専門医に相談の上、利用する

・利用後にお子様の視力について異常が見られた場合、早急に専門医を受診する

といった項目を挙げた。

また事業者向けにも、「13歳未満の子供からVRコンテンツご利用のご要望がある場合、保護者への告知および同意取得を徹底」、「ガイドラインの適用はあくまで施設向けVRコンテンツに対してであり、家庭用、その他のVRコンテンツは含まない」、などその他、様々な内容を制定している。

一般社団法人ロケーションベースVR協会は、13歳未満の子供のVRコンテンツの利用方法について、ワーキンググループを立ち上げて協議を行ってきた。

これは業界団体としてロケーション事業者が子供の立体視の発達への影響に配慮した自主規制を行う際の指針を明示することで、市場の健全な発展を目指すとともに、教育、研修分野などにおいて新しいアプリケーションの創出や活用を促進を目指したものだ。

ロケーションベースVRにおける13歳未満の子供の立体視の発達への影響については、ロケーション事業者が係員によって使用時間および頻度を管理することを前提に、現在の水準に照らした医学的見地を踏まえたうえで、有識者において検討を重ねきたという。

その結果、保護者の同意を前提とし、一定の休憩取得及び既存疾患の有無等を考慮したガイドライン(以下にURLを記載)を制定のうえ、施行することになったとのこと。

今回のガイドラインにあわせて、そのQ&Aの公開も行っており、「ガイドラインの根拠」や「なぜ7歳以上なのか」といったその他、様々な内容の記載を行っている。


【VRコンテンツのご利用年齢に関するガイドライン URL】
http://lva.or.jp/pdf/guidelines.pdf

【ガイドラインに関するQ&A URL】
http://lva.or.jp/pdf/guidelines_qanda.pdf

 

ロケーションベースVR協会

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 JR西日本、ソフトバンクのVR安全教育プログラムを導入へ よりリアルな体験で労働災害の防止を目指す
2 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
3 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
4 【おはようVR】「ねこあつめ VR」がPSVRで5月登場 『おそ松さんVR』がお台場のコニカミノルタに出展
5 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
6 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
7 サイコム、同社のPC8製品で第2世代 Ryzenの搭載が可能に
8 ハコスコ、「VRパッケージ」の受注開始 VRゴーグルと動画配信、化粧箱のセットが提供可能に…第一弾は「ウルトラマンゼロVR」
9 エムアップ、VR事業を展開する新会社設立 タレント、声優と連携…日本一のVRライブイベント実施を目指す
10 【おはようVR】「スターウォーズ」VRアトラクションムービー公開 MRヘッドセット勢揃い、MSの本気 360ChannelがWinMRアプリ公開など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど