VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

サン電子のARスマートグラス、NSENSEのARエンジンを採用

2018年01月12日 14時18分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



サン電子<6736>は、同社の開発したARスマートグラス「AceReal One」に、NSENSEが提供するARエンジンを採用したことを発表した。
 

▲動画はNSENSEの立体物 認識技術の紹介映像

これによってSLAM(Simultaneous Localization and Mapping:自己位置推定と環境地図作成の同時実行)技術による空間認識を使ったAR業務ソリューションが「AceReal One」で提供できるという。

サン電子が、NSENSEのNSENSEのARエンジンを採用した理由は、AR技術を使って作業空間に情報を立体的に展開できるAR業務ソリューションを開発するため、ビデオ・音声通話を使った遠隔支援機能や、音声コマンド認識機能との同時動作を実現できることとしている。

複数の機能を同時に動作させながら、ハンズフリーで情報を確認できるようになることはもちろん、視界を遮ることなく必要な時に必要な情報を参照することが可能になるとのこと。
 

▲作業情報のAR表示
 

NSENSEのAR空間認識エンジンは、シングルカメラでも空間認識を可能にすることで、環境の距離測定などに使う高価なToFセンサー、RGB-Dセンサーなどがなくても高水準の距離測定を実現したエンジンだ。

また、特定プラットフォームに依存しない、Android, iOS, Embedded Linux, Windowsなどのマルチプラットフォームに対応している。 特にARM基盤のモバイルデバイスに最適化してウェアラブルデバイスでも動作するエンジンとなる。


■AceReal One

「AceReal One」は産業用途での使用を目的とした防塵・防滴(IP54準拠)でヘルメットへの装着にも対応できるARスマートグラスだ。

空間認識機能を使って、作業空間に情報を立体的に展開できるAR業務ソリューションを実現する。

2018年3月からの販売開始を予定しており、2018年1月17日(水)~19日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第4回ウェアラブルEXPO」において予約受付を開始する。

特長

・業界初の縦長シースルーディスプレイを採用し、A4サイズの文書もそのまま表示可能
・防塵・防滴(IP54準拠)規格対応
・SLAM技術による空間認識
・音声認識エンジンと音声入力インターフェイスにより、コントローラに頼らないハンズフリーを実現

 

Ace Real公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ドコモ、「みんなのVR」を美祢市の観光協会に提供
2 【PSVR】タワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年に国内発売 動物と共にエイリアンから地球を守ろう
3 「東京国際消防防災展2018」にVR防災体験車が登場 地震などの災害を疑似体験できる
4 凸版印刷、VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』を5月25日から特別上演へ  東洋館内 TNM & TOPPAN ミュージアムシアターにて
5 「WIRED」日本版の元編集長 若林氏がソニーとの新プロジェクト「trialog」を正式稼働 トークイベントでは水口哲也氏やSIE秋山賢成氏らが登壇
6 【PSVR】SIEが6月12日10時から「E3 2018 SHOWCASE」をストリーミングで配信 新作への期待が高まる
7 ヴァンガード、Oculus GO用のVR STG『ACE PHANTOM』を配信開始
8 アカツキ所属のエンジニア谷口氏の技術研究が「SIGGRAPH VR部門の展示プロジェクトに選出
9 USJ、『エヴァンゲリオン XRライド』を期間限定で復活 
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど