VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

デジタルリスクを解決するエルテス、エストニアの会社と本人認証技術を活用したアプリの共同開発へ

2018年01月16日 11時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


企業が抱えるデジタルリスクを予兆・検知・解決するソリューションを手掛けるエルテス<3967>は、エストニアのCYBERNETICAの本人認証システム技術である「SplitKey」を活用したアプリケーションの開発を開始を発表した。

SplitKeyは、金融機関、通信事業者、ECサービスにおける一元的な本人認証システムとして“SMART ID”の名前でスカンジナビア諸国を中心に既に活用されている技術だという。

今回の取り組みは、エルテスが有するデジタルリスクのノウハウを基に日本国内における社会課題を解決するためのアプリケーションとしてSplitKeyを活用していく。

インターネットバンキングやネット証券をはじめとしたサービスは、高いセキュリティが求められるものの複数のIDやパスワードを記憶することが煩雑だ。

そうしたWebサービスのユーザビリティ向上を図るとともに、本アプリケーションをプラットフォームとして活用することにより、1人のユーザーと複数のWebサービスをつなぐ架け橋を担い、個人が保有している情報の適切な提供を支援していくと、エルテスは説明している。

またアプリケーションを通じて収集されるログに対してAIを活用したビッグデータ解析を行うことで、他人へのなりすましなどの不正検知を行っていくとのこと。

CYBERNETICAのあるエストニアは、日本のマイナンバー制度のモデルとなった国民ID制度を早くから取り入れるなど電子政府化が進んだICT立国だ。

学校・政府機関へのICT機器の普及率は100%*、ネットバンキング利用率は99.8%*と高く、税金の申告、会社の登記など様々な行政サービスがオンライン上で処理できる。
*エストニア共和国大使館 2014.3.31会議資料より

CYBERNETICAは、電子政府の基盤となるシステム”X-Road”での政府機関データベース連携のセキュリティシステムの構築、電子投票ソフトウェアの開発を行うなど、電子政府プロジェクトにおいて優れた実績を保有するICT企業だ。


 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
2 HTC、「VIVE Pro」フルセットを本日より販売開始 価格は162,880円(税抜)に
3 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
4 Google、3Dオーディオ SDK「Resonance Audio 」をオープンソースに…ディズニーやピクサーなどのVR/ARアプリでも利用
5 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
6 シーエスレポーターズ、「この素晴らしい世界に祝福を!」VRを発表 「Lenovo Mirage Solo with Daydream」対応コンテンツに
7 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
8 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
9 【おはようVR】「VIVE Pro」のフルセット価格が発表 『ALIEN』のフリーローム型VR登場 施設型VRセミナーレポート後編など
10 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど