VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Key、『planetarian』VRアニメ化 クラウドファンディングで目標金額の200%を達成し終了

2018年01月17日 15時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
Keyは、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」において、『planetarian』のVRアニメ化プロジェクトを行っていた。

先日募集期間が終了したが、その支援額が目標の1000万円を大きく上回る2030万6930円(目標金額の203%)に到達した。

同プロジェクトでは、「本編で語られた星空の素晴らしさを、さらなる臨場感で伝えたい。 フル3D映像そしてVR動画という新たな挑戦で「planetarian」本編でもお馴染みの、ほしのゆめみプラネタリウム投影シーンを描く」という内容だ。

今回、ストレッチゴールである2000万円を超えているため、実際に制作する『Planetarian3D』プラネタリウム投影シーンを動画としてBlu-rayに収録することとなった。
(*この動画はVRには非対応で、通常のBlu-rayプレイヤーで鑑賞する)

 

原作「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」の発売は2004年。PCダウンロード販売から始まった本作は、その後様々なプラットフォームの発売を経て、2017年には中国での配信も開始され、現在までの発売本数累計15万本と全世界で愛される作品だ。


■『planetarian』

舞台は近未来。宇宙開拓破綻に端を発した世界大戦のため、ほとんどの人間が死に絶え、地表では雨が降り続いていた。

時が止まったはずの封印都市で、『屑屋』の男が出会ったもの。それは、無垢な少女の形をした、一体のロボットだった…


■プロジェクト概要

アニメ製作・配給【アスミックエース】と、原作【Key/VisualArt's】共同でお送りするプロジェクト。

『planetarian』作中でもっとも印象的なシーンのひとつに数えられる、プラネタリウム投影シーン。

ゆめみの星空解説を、主人公である屑屋の視点で体感できるフル3DかつVR対応のアニメ動画を制作します。


■世界に広がる『planetarian』の星空

完成した3D VR動画は国内のみならず、海外展開も視野に入れ、各種VRデバイス、プラットフォーム向けに配信する予定。

その他、イベントでの体験も検討しているという。
 

CAMPFIRE

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 USJ、『エヴァンゲリオン XRライド』を期間限定で復活 
2 ドコモ、「みんなのVR」を美祢市の観光協会に提供
3 【PSVR】SIEが6月12日10時から「E3 2018 SHOWCASE」をストリーミングで配信 新作への期待が高まる
4 ヴァンガード、Oculus GO用のVR STG『ACE PHANTOM』を配信開始
5 アカツキ所属のエンジニア谷口氏の技術研究が「SIGGRAPH VR部門の展示プロジェクトに選出
6 DMM、Oculus Go対応アプリ「DMM VR動画プレイヤー」を配信開始
7 オンライン・プログラミングスクールのコードキャンプ、「Unityゲーム開発コース」の提供を開始
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 ユニットコム、AI開発・ディープラーニング専用PCシリーズを発売 複雑な設定無しでAI開発環境が使える
10 【おはようVR】Cygamesとコナミが『ANUBIS』リメイク版を9月6日に発売 ライブVR配信PL「LiVRation」をアルファコードが発表など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど