ソニーに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ソニー、SXSW2018の出展を発表 576個のスピーカーで時空旅行、ハシラス共同開発のVRサッカーなど7点

2018年01月30日 12時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー<6758>は、3月10日から、米国テキサス州オースティンにて開催される世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト)2018」に出展すると発表した。

SXSWは音楽、映画、インタラクティブの3つを展示の柱としたイベントだ。

ソニーは、同社の最新技術やプロトタイプを活用した研究開発段階のプロジェクトなどを、感動を創造するスタジオ紹介する「WOW Studio」と題して紹介する。

現在公開している展示内容は7点で、その中にVRやARを使った展示を始め、576個のスピーカーを使ったサウンドで時空を旅する体験などが含まれている。

ソニーによると「お客さまに最も近いところで感性に訴える商品やそのための技術を開発し、コンテンツと組み合わせて世界中のお客さまに感動を提供し続けるソニーのさまざまな挑戦を、遊び心にあふれた仕掛けで体感いただける展示」としている。


■展示内容

・サッカー VR​

 

ソニー・ミュージックコミュニケーションズと体験型VRコンテンツのプロデュースを手がけるハシラスが共同で開発している、新機軸の体験型サッカー VRアトラクションを展示する。

今回展示する試作版では、プレイヤーが「噂のストライカー」に扮して、ゴールキーパーとのPK対決に挑みます。プレイヤーがタイミングよくシュートを打つことで、ボールの威力が最大50倍になるスーパーシュートが発動。

VRならではの超サッカー体験と、ゴールキーパーとの駆け引きが楽しめる。

センシングによりボールの方向やスピードをVR空間に再現し、臨場感のある体験を実現する。


・A(i)R Hockey (エーアール エアーホッケー)
 

1/1000秒という圧倒的な速さでトラッキングできる、ソニー開発の高速ビジョンセンサー(IMX382)、独自の予測アルゴリズム、および触覚提示技術(ハプティクス技術)を組み合わせた新しいAR(拡張現実)体験を楽しめる。

本展示は、高速で移動するパックとマレットをリアルタイムにトラッキングし、動きに合わせたプロジェクションを実現したエアーホッケーだ。


・音響回廊 “Odyssey (オデッセイ)”
 
 

あたかも音像(感覚上の音源)が飛び出てくるような体験をもたらすソニー独自の空間音響技術と音楽を掛け合わせ、これまでにない没入感ある音楽体験を提供する。

ソニーの波面合成技術により制御された計576個のスピーカーを使い、サウンドで時空を旅する不思議な体験をもたらす。

瞬時に時空をワープするかのごとく、都市から森へ、水の中へ、そして惑星が飛び交う宇宙空間までを想起させる、ダイナミックな音の波が来場者を包み込む。

この音響に合わせて、幻想的な光のインスタレーションが展開する。

この他にも、エンタテインメントロボット“aibo(アイボ)” やコミュニケーションロボット『Xperia Hello! (エクスペリア ハロー)』、Sony Innovation FundをはじめとするAI×Roboticsの取り組みなども展示する。


・Hero Generator (ヒーロージェネレーター)
 

周囲360度に複数台のカメラを設置した空間で、ソニー独自の自由視点映像技術を体験できる。

同技術により、複数のカメラ間の映像も自動で合成し、撮影された体験者の動く3Dモデル(アバター)を上下左右あらゆる角度から見ることのできる映像を実現する。

SXSWでは体験者の動くアバターを作り出し、ショートムービーの主人公となる体験できる。

ムービーは撮影後スマートフォンに保存して持ち帰ることも可能だ。


・Interactive CUBE (インタラクティブキューブ)
 

コンピュータ技術を用いて人間の感覚に介入したり、人間の知覚を接続することで、工学的に知覚や認知を拡張、変容させる研究の枠組みだ。

昨年に続き、この研究の一つとして、人間ではない生き物の知覚世界をパーソナルプロジェクションマッピングによって体験できるシステム「Head Light」を展示する。

Superception(Super + perception)のご紹介


・3Dクリエーター

 

人物の顔などの立体的な被写体をスキャンし、素早く高精度の3Dデータを作成する、ソニーモバイル独自開発機能、3Dクリエーターを搭載したXperiaスマートフォンを活用した体験型のブースを展示する。

ロボットアームにXperia XZ1を取り付け、お客様の頭部の3Dスキャンを行う。

作成したデータは記念としてお客様のスマートフォンに保存して持ち帰りが可能だ。
 


■展示実施日時

2018年3月10日(土) 13:00~21:00
2018年3月11日(日)~13日(火) 12:00~20:00

場所
住所:99 Trinity St. Austin, TX 78701 USA
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRタイトルのセールが開催 PS Storeで『勇なま』、『Rez Infinite』、『クーロンズゲート』、『SUPERHOT』など50タイトルが最大75%OFFに
2 ナーブ、新型ロマンスカーのVRコンテンツへソリューションを提供 小田急電鉄は内製による短納期を高く評価
3 SIE協力のもとUnityでPSVRコンテンツの開発を楽しむ 中高生向け無料講座が3月に早稲田大学で
4 宝塚大学メディア芸術学部、看護学部で使用の小児看護教材VRシステムを学生が制作へ
5 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 【PSVR】実際に腕を振って走る『Sprint Vector』がプレステでリリース 大ヒットVRゲームを開発したSurviosの新作
8 ユニットコム、Ryzen7 1700とGTX 1080TiミニタワーパソコンPCを販売開始 219,218円(税込)から
9 【PSVR】米国PS STORE1月のランキングが公開 首位は『Job Simulator』…新作ホラーADV『The Inpatient』もランクイン
10 体験型デジタルテーマパーク「リトルプラネット」運営のプレースホルダ、TBSなどから総額約6億円の資金調達を実施…TBSの関連会社化へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど