VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

甲子園歴史館が一部リニューアル グラウンド整備カー体感VRなど「映像コーナー」もより充実に

2018年02月08日 16時34分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


阪神電気鉄道が運営する甲子園歴史館では、2月1日から、館内を一部リニューアルオープンした。

「銀傘」や「ラッキーゾーンのフェンス」を展示していた従来の「甲子園メモリアルボックス」に代えて、「高校野球コーナー」を拡張している。

更に、昨年の導入から人気を博しているVR映像コーナーに新映像が登場している。

「VR映像コーナー」では、「プロ野球グラウンド整備カー体感VR」と題し、タイガース公式戦の試合中、阪神園芸のグラウンド整備カーに乗って整備している様子を体感できる映像を追加する。

間近で見る選手の様子や試合中のグラウンドの雰囲気など、これまでに見たことのない臨場感あふれる映像で疑似体験ができるという。
 


■VR概要

【開始日時】

2月1日(木)

【場所】

甲子園歴史館「甲子園ひろば」コーナー

【タイトル】

「プロ野球グラウンド整備カー体感VR」

【端末数】

3台

【映像時間】

2分

【利用方法】

スタッフの案内により、専用の映像再生端末をセットすると視聴いただけます。

【利用料】

甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。

*これまでに導入した「甲子園空中散歩VR(映像時間:2分15秒)」、「高校野球入場行進VR(映像時間:3分)」、「プロ野球リリーフカー体感VR(映像時間:2分30秒)」も引き続き、視聴いただけます。


■甲子園歴史館 営業のご案内

<営業時間>

午前10時~午後6時

(デーゲーム開催日は午前9時~午後6時。

11月から2月までは午前10時~午後5時)

※入館は閉館時間の30分前まで

※催し物の開催等により変更する場合があります。

<休館日>

月曜日(試合開催日、祝日を除く。)、年末年始

※その他、館内メンテナンス等による閉館の場合あり

<入館料>

おとな600円、こども300円(いずれも税込み)

<場所>

阪神甲子園球場 外周16号門横
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRタイトルのセールが開催 PS Storeで『勇なま』、『Rez Infinite』、『クーロンズゲート』、『SUPERHOT』など50タイトルが最大75%OFFに
2 ナーブ、新型ロマンスカーのVRコンテンツへソリューションを提供 小田急電鉄は内製による短納期を高く評価
3 SIE協力のもとUnityでPSVRコンテンツの開発を楽しむ 中高生向け無料講座が3月に早稲田大学で
4 宝塚大学メディア芸術学部、看護学部で使用の小児看護教材VRシステムを学生が制作へ
5 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 【PSVR】実際に腕を振って走る『Sprint Vector』がプレステでリリース 大ヒットVRゲームを開発したSurviosの新作
8 ユニットコム、Ryzen7 1700とGTX 1080TiミニタワーパソコンPCを販売開始 219,218円(税込)から
9 【PSVR】米国PS STORE1月のランキングが公開 首位は『Job Simulator』…新作ホラーADV『The Inpatient』もランクイン
10 体験型デジタルテーマパーク「リトルプラネット」運営のプレースホルダ、TBSなどから総額約6億円の資金調達を実施…TBSの関連会社化へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど