VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ARスポーツ「HADO」のmeleap、韓国最大手の通信事業者と提携 ソウルに都心型VRテーマパークをオープン

2018年03月20日 15時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
meleapは、韓国の大手通信事業者KTと業務提携を行い、AR(拡張現実)技術を使用したスポーツ「HADO」の韓国で事業展開する。その最初の共同事業として行うのは、ソウルに都心型VRテーマパーク「VRIGHT(ブライト)」のオープンだ。

都心型VRテーマパーク「VRIGHT」は、流通・スペース事業をリード企業であるGSリテールとの共同投資でオープンする。「VRIGHT」では、HADOの他に、世界的な一人称シューティングゲーム「スペシャルフォース」をVRゲームで再誕生させた「スペシャルフォースVR:UNIVERSAL WAR」とフライングジェット(Flying Jet)など、約50種のVR/ARコンテンツを用意している。

今後、KTはこの体感型メディア空間事業を2020年までに200店に拡大しVR/AR市場を切り開いていく、と説明している。

KTの過去の取り組みとして2014年にソウルにて世界初のホログラム専用館「K-live」をオープン。2017年には、世界的なスポーツイベント「FIFA U-20 ワールドカップ」が開催された全州/水原ワールドカップ競技場で5Gの試験網を構築し、VR生中継を通じて「360度VR」や「インタラクティブタイムスライス」などで技術力を披露するなど、体感型メディア事業を積極的に行ってきた背景がある。

さらにKTは今後も投資を行い、3年後の2020年までに韓国にて体感型メディア市場規模を1兆ウォン規模に拡大するというビジョンを立てているとのこと。

【VRIGHTの概要】
オープン日:2018年3月1日
住所:Myoungmul-gil 62 Osiris Tower 2~3F, Seodaemun-ku, Seoul, Korea
料金:- 最大3つのゲームを利用できるビッグ3:1万5000ウォン
- 最大5つのゲームを利用できるビック5:1万7000ウォン
- フリーパス:2万2000ウォン
運営会社名:GSリテール
遊べるコンテンツ:
WEBサイト:http://www.vright.com/main.asp
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 HTC、「VIVE Pro」フルセットを本日より販売開始 価格は162,880円(税抜)に
2 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
3 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
4 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
5 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
6 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します 水を吸うパーツはNGなど、運営を通してわかったVRの難しさとは【前編】
7 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
8 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
9 マウスコンピューター、G-Tuneブランドで第2世代Ryzen搭載PCを販売開始 GTX 1080モデルは17万4800円(税別)から
10 映画『ALIEN』をベースにしたフリーローム型VRアトラクションがアメリカで登場 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど