VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

中国のMRスタートアップDataMeshが日本での活動を本格化 製造業やエンタメ業界向けにMR導入を目指す

2018年03月27日 13時19分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



中国・北京を拠点とするMRスタートアップDataMeshは、2018年3月より、日本での活動を本格的に開始したと発表した。同社はMR(複合現実)を通じたコンテンツ支援およびMRのリアルタイムキャプチャによる第三者視点可視化ソリューションを提供している。

また北京・東京・シアトルを中心に上海や広州、ロンドンにも拠点を持っている。2017年10月にはマイクロソフト社のMRPP(Mixed Reality パートナープログラム 認定パートナー)中国第一号にも採択されている。

DataMeshグループではこれまで中国やアメリカでMRを活用したコンテンツ支援を数多く行ってきた。例えば、中国で実施した大手自動車メーカーの事例では、車の製造過程をMRを使って再現することで工場見学者や購入を検討しているユーザーに対して全体像が掴みにくい製造過程を分かりやすく伝えることが可能になった。

工場見学では危険を伴う場面があるため、一部の説明をMRを使って代替したり、ディーラーではそのメーカー車の購入を検討しているユーザーに対し、どのように車が製造されているかMRを通じて可視化することで付加価値として購入動機の向上に寄与した。また、DataMeshグループでは世界随一の技術ともいえる「商用可能な第三者視点での可視化ソリューション(4Kカメラ対応)」である『DataMesh Live!』も提供している。

具体的にはこれまでHoloLensを使用している本人でしか見ることのできなかったMRコンテンツを第三者の視点から4Kカメラを使って高品質な商用利用を可能にしたものだ。この技術によって、展示会やテレビ番組などで大多数の聴衆に向けてMRコンテンツを体感が可能となった。

DataMesh日本法人では今後、製造業・テレビ/エンタメ業界などに対し、MRを活用したコンテンツ支援・展示サポート、業務改善、教育/研修トレーニングといった場面での導入を進めていくという。


■関連サイト
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 HTC、「VIVE Pro」フルセットを本日より販売開始 価格は162,880円(税抜)に
2 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
3 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
4 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
5 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
6 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します 水を吸うパーツはNGなど、運営を通してわかったVRの難しさとは【前編】
7 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
8 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
9 マウスコンピューター、G-Tuneブランドで第2世代Ryzen搭載PCを販売開始 GTX 1080モデルは17万4800円(税別)から
10 映画『ALIEN』をベースにしたフリーローム型VRアトラクションがアメリカで登場 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど