VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

『日比谷シャンテ』にゴジラ出現 AIとMixed Realityを活用したショーケース「HIBIYA 2018」を一般公開へ

2018年03月28日 12時01分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



東宝と日本マイクロソフトは、リニューアルオープンした「日比谷シャンテ」で、日本初のMicrosoft HoloLens を使った屋外アトラクション、『Godzilla Nights』(ゴジラ ナイツ)を5月下旬に開催すると発表した。

参加者が Microsoft HoloLens を装着すると、118.5mの圧倒的な存在感で迫りくるゴジラ(『シン・ゴジラ』)が出現する。巨大不明生物特設災害対策本部(通称:巨災対)がミサイルによる日比谷防衛作戦を立案するなど、その場にいるかのような臨場感で体験できる。体験中のミサイル発射を制御する音声認識と、防衛戦確認の際の自然言語処理などに、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Azure」のAIサービスも活用する。

東宝では、その他日本マイクロソフトと連携することで AI や MR 等の最新技術を活用した新しい顧客体験の実現を目指すプロジェクトの一環として行っていくという。


■『Godzilla Nights』概要

開催時期・期間:5月下旬に1週間開催予定
場所:日比谷ゴジラスクエア
時間:18:30~21:00 1日限定25名様、計175名様をご招待

<参加方法>
後日発表


■「近未来の消費体験」を展開

両社が連携して、以下のとおり5月下旬より顧客体験の向上に寄与する近未来の消費体験を日比谷シャンテで実施する。

・来場者に最適な映画をAIが提案

日比谷シャンテの地下2階 休憩スペースにデジタルサイネージを設置し、休憩スペースに滞在されているお客様の年齢、性別や表情を、マイクロソフトのAIプラットフォーム「Microsoft Cognitive Services」の AI が分析し、お客様に最適な映画の予告編を自動編成して放映する。来場者の顔から性別・年齢を分析して、「その場にいるお客様にあわせた」映画の予告編ムービーを作成する。

・飲食店の空き状況を表示、注文・会計も0分で

日比谷シャンテ内のすべての店舗(予定)にセンサーを設置し、Microsoft Azureで構成されたリアルタイム空席管理データベースを通じて、館内に設置するデジタルサイネージに、各店の現在の混雑状況を表示する。

また、日本マイクロソフトのパートナー企業(注3)が提供するアプリと組み合わせることで、一部の店舗では、注文および支払いの待ちの無い飲食体験も提供する。お客様は、映画・演劇の鑑賞前の短い時間でも、快適に食事をとることができる。
 
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
2 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
3 VR ZONE SHINJUKU、カラーチケット制を廃止 1day4チケットで同じアクティビティ4回も可能に
4 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
5 アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供
6 ユニットコム、Ryzen 5 1600とGTX 1060搭載の静音ミニタワーゲームPCを発売 147,938円(税込)から
7 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
8 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
9 【PSVR】『アカウンティング+』が4月25日に国内でリリース
10 【おはようVR】『アカウンティング+』が国内リリース予定 Googleが3Dオーディオ SDKオープンソース化
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど