VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Microsoft、HoloLens アプリ開発コンテストを実施 

2018年04月04日 15時21分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



日本マイクロソフトは、Microsoft HoloLens アプリケーション開発コンテストの実施を発表した。コンテストでは、Microsoft HoloLens 用アプリケーションの中から、独創的でかつ高品質なアプリケーションを選定し表彰する。また優秀賞には Microsoft HoloLens Commercial Suite 1台を贈呈するという。

本コンテストの詳細は以下の通りだ。

■Microsoft HoloLens アプリケーション開発コンテスト

対象・条件:
Mixed Reality / Microsoft HoloLens の特性、機能、環境を生かした、Microsoft HoloLens 用のアプリケーションが対象だ。

2018年1月18日以降に開発を完了、もしくは、発表されたアプリケーションを対象とする。

一般公開可能な(無償・有償問わず) アプリケーションであることが条件となる。日本語もしくは、英語対応のアプリを対象とする。(両方対応の場合はポイントアップ!)
 
・ビジネスアプリ部門

ビジネス用途での使用を想定した、Microsoft HoloLens アプリケーションが対象となり、業種、業界、ビジネスモデル、導入実績などは問わない。テクノロジーおよび、ビジネスモデル両方の観点で審査を実施する。現時点で、Microsoft ストアに公開されていないアプリケーションも対象となる。この場合は、 .appx ファイルにて応募する。ただし、今後 Microsoft ストアでの公開を検討する。

特定の案件やお客様専用のアプリケーションではなく、汎用性のあるアプリケーションであることが望ましい。
 
・パーソナルユースアプリ部門:

主に個人での利用を想定した、Microsoft HoloLens アプリケーションを対象とする。エンターテイメント、ゲーム、ライフハックツールなど、ジャンルは問わない。テクノロジー観点での独創性や、利用用途、シナリオ面での独創性を重視する。Microsoft ストアで公開されているアプリケーションを対象とする。ただし、応募時点で Microsoft ストア未公開のアプリケーションについては、後日 Microsoft ストアに公開いただくことを条件に、.appx での応募を可能とする。
 

各賞・賞品:
各部門で最優秀賞と特別賞を設定する。

最優秀賞(各部門1アプリケーション):Microsoft HoloLens Commercial Suite 1台、 de:code 2018 ご招待
特別賞(各部門1アプリケーション):Unity Pro サブスクリプション 12カ月分(2018年6月から)、Unity アセットストアバウチャー $200 USD、de:code 2018 ご招待
※審査の結果、該当するアプリケーションが無い場合もある。

応募期間:
4月2日(月) 9:00 ~4月30日(月) 23:59
応募方法:
下記URLより必要事項を記入し応募しよう。
https://aka.ms/hololens_app_con_form

応募に際して、アプリケーションの概要を紹介する動画( mp4/ mov )を作成し共有が必要だ。 Mixed Reality Capture もしくは、Spectator View で撮影した実際のアプリケーションの映像を必ず含めて構成する。ファイルシェアもしくは動画サイトなどにアップロードし、応募フォームにURLを記載。

実際のアプリケーションは、Microsoft ストアでの公開URLを記載し、有料アプリケーションについては、別途無償版の提供する必要がある。Microsoft ストアに未公開のアプリケーションについては、.appx ファイルをファイルシェアにアップロードの上、URLを記載する。

審査:
期間:5月1日~5月11日
審査員にて応募内容に基づき審査を行います。面接・プレゼンテーション等は行わない。
審査に際して、事務局より別途確認の連絡がいく場合がある。
審査に際して、新しく独創性のあるものを重視する。

審査委員:
日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows & デバイスビジネス本部 本部長 三上智子
日本マイクロソフト 業務執行役員 エバンジェリスト 西脇 資哲
日本マイクロソフト エバンジェリスト 高橋 忍
日本マイクロソフト エバンジェリスト 千葉 慎二
日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター テクノロジーアーキテクト 鈴木 敦史
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 HTC、「VIVE Pro」フルセットを本日より販売開始 価格は162,880円(税抜)に
2 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
3 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
4 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
5 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
6 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します 水を吸うパーツはNGなど、運営を通してわかったVRの難しさとは【前編】
7 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
8 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
9 マウスコンピューター、G-Tuneブランドで第2世代Ryzen搭載PCを販売開始 GTX 1080モデルは17万4800円(税別)から
10 映画『ALIEN』をベースにしたフリーローム型VRアトラクションがアメリカで登場 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど