VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アイデアクラウド、音声認識も使った知育ARアプリ「AR これ、なあに?」を配信開始

2018年04月05日 14時31分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
AR・VR・MR事業を手がけるアイデアクラウドは、iOS11のARKitと音声認識を利用した、知育ARアプリ「AR これ、なあに?」をApp Storeで提供・配信開始した。

「AR これ、なあに?」は、iOS11のARKitを利用して空間を認識し、動物や乗り物を現実空間に配置、それらの名前を音声で答える知育アプリケーションだ。配置される動物や乗り物の3DCGが動いたり、3DCGを回り込んで確認できたりと、あたかも現実世界に飛び出してきたかの様な演出で、子供の好奇心を刺激し、楽しく名前を覚える事が可能だ。



ARモード以外にもイラストでの出題モードもあり、手軽に遊ぶ事もできる。問題は、「どうぶつ」・「のりもの」・「たべもの」の3シリーズ、イラストやひらがなでも出題され、出題中はマイクアイコンをタップするだけのシンプルな操作性となっている。

今後は、問題ラインナップやCGアニメーション、演出の増強、音声認識精度の向上など、親子で楽しみながら言葉覚えられる機能の開発・アプリのアップデートを進めていくという。 また、エンタープライズ用知育アプリケーションの開発請負を同時に開始。「AR これ、なあに?」の開発で培った技術を活かして、教育現場での様々な課題の解決を行っていくとのこと。
 

■アプリ概要
「AR これ、なあに?」はApp Storeにて無料でダウンロード可能だ。
アプリ名:AR これ、なあに?
価格: 無料
対応端末: A9チップ以上のiOS端末
対応OS:iOS11
リリース時期:4月3日配信開始


 
 

App Store

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 HTC、「VIVE Pro」フルセットを本日より販売開始 価格は162,880円(税抜)に
2 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します ファンデーションは落ちない、その機材は本当に壊れている? 運営を通してわかった既存店舗との違いとは【後編】
3 【おはようVR】『ドラクエVR』の新PVが公開 六本木に「PlayStationVR STREET」登場など
4 【PSVR】六本木に「PlayStationVR STREET」が登場 家庭用VR体験に更なる仕掛けも…監修にハシラス代表の安藤氏を迎える
5 TVアニメ『One Room』VRプロジェクト体験会を5月3日から秋葉原で開催
6 【セミナーレポート】ロケーションVRの問題共有します 水を吸うパーツはNGなど、運営を通してわかったVRの難しさとは【前編】
7 『ドラゴンクエストVR』が4月27日から一般公開へ 新PV公開やコラボグッズ・メニューなども明らかに
8 【PSVR】国内PS STOREランキング カプコンの『KITCHEN』が首位に 『星の欠片の物語、ひとかけら版』も好調
9 マウスコンピューター、G-Tuneブランドで第2世代Ryzen搭載PCを販売開始 GTX 1080モデルは17万4800円(税別)から
10 映画『ALIEN』をベースにしたフリーローム型VRアトラクションがアメリカで登場 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど