Googleに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Google、3Dオーディオ SDK「Resonance Audio 」をオープンソースに…ディズニーやピクサーなどのVR/ARアプリでも利用

2018年04月24日 11時08分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleは、同社の3Dオーディオ SDK「Resonance Audio」のオープンソース化を発表した。同SDKを用いることで、デベロッパーはモバイルや PC で今まで以上にリアルな VR および AR 体験を構築できる。使用例としてはピクサー の「 Coco VR(Gear VR)」、ディズニーの 「Star Wars: Jedi Challenges AR アプリ(Android および iOS)」、Runaway の 「Flutter VR(Daydream)」などのアプリがあるという。


■オープンソース プロジェクトに含まれるもの

オープンソース プロジェクトの一環として、YouTube のアンビソニックベースの 3D オーディオ デコーダのリファレンス実装を提供する。これは、業界で利用されているアンビソニック フォーマット(Ambix ACN/SN3D)と互換性がある。このリファレンス実装を使うと、アンビソニックのオープンソースでロイヤリティ フリーなモデルによるメリットを活用しつつ、VR メディアなどのアプリケーションで簡単にアンビソニック コンテンツを表現できる。

プロジェクトには、エンコード、サウンド フィールド操作、デコード テクニックに加え、多種多様な端末やプラットフォームで高度な 3D オーディオを実現できる頭部伝達関数(HRTF)も含まれている。さらに、高度に最適化された DSP クラス群と関数群を含むライブラリがすべて公開している。

これには、リサンプラー、コンボルバー、フィルタ、ディレイラインなどの DSP 機能が含まれている。また、デベロッパーはプロジェクトで Resonance Audio の新しい Spectral Reverb も使用できるようになる。これにより、効率がよく高品質で計算量が一定なリバーブ効果を実現できる。

Resonance Audio は、スタンドアロンのライブラリ、関連するエンジン プラグイン、VST プラグイン、チュートリアル、サンプルとして、Apache 2.0 ライセンスでオープンソース化している。


■関連サイト
 

GitHub

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Google

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『Wipeout Omega Collection』体験版が国内リリース 
2 【PSVR】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』の体験版がリリース 4K/VRの両モードで楽しめる
3 スマホ向けVRアプリ『ソードアート・オンラインVR Lovely♡Honey♡Days』の事前登録が開始 アスナを様々な角度から激写可能
4 【おはようVR】PSVRのタワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年発売 国際消防防災展にVR防災体験車が登場など
5 mikai、VTuber向けの楽曲提供を行うサウンドクリエイターオーディションを開催 定期的な楽曲制作依頼で継続的な収入も
6 【PSVR】『WipEout Omega Collection』体験版が欧州でリリース 北米では近日配信へ
7 【PSVR】タワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年に国内発売 動物と共にエイリアンから地球を守ろう
8 【おはようVR】PSVR対応『WipEout』体験版が海外でリリース アスナと触れ合う『SAO VR Lovely♡Honey♡Days』が事前登録開始など
9 大分放送とジョリーグッド、VR360°動画サービス「VR OITA」開始 鉄輪温泉の紹介など…インバウンド誘致を目的に英語版も公開
10 MSI、VR対応GAMINGデスクトップ「Trident 3シリーズ」の新モデルを発表 コンソールサイズの筐体にGTX 1070や第8世代Intel Coreモデルも
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど