ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

DeNA、謎解き&バトルVRゲーム『VoxEl』を「LAVAL VIRTUAL 2018」へ出展 仏で開催した世界最大規模の展示会

2018年05月01日 15時11分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、開発中のステージクリア型謎解き&バトルゲーム『VoxEl(ボクセル)』を、フランスのラヴァルで開催された世界最大規模のAR/VRの展示会「LAVAL VIRTUAL 2018」への出展を発表した。

イベント当日は、会場を訪れた約200名の来場者が実際に『VoxEl』のプレイを体験したほか、優れたAR/VRコンテンツを表彰する「LAVAL VIRTUALAWARDS 2018」にも参加している。
 

■ステージクリア型謎解き&バトルゲーム『VoxEl』について

DeNAで開発中の新規コンテンツのひとつで、VR対応のステージクリア型謎解き&バトルゲームとなる。本ゲームでは、プレイヤーは色と音を奪われた世界で、足を鎖でつながれた不思議な少女「エル」とともにフィールドのギミックを解き明かし、たどり着いた先に現れる敵と戦っていく。

また、開始当初は色も音もなかった世界は、ゲームの進行とともに鮮やかに彩られていくという。360度で映し出される幻想的なフィールドで謎解きをしながら、圧倒的な没入感とともにゲームを楽しめる。
 




■約200名が『VoxEl』を体験!「LAVAL VIRTUAL」出展レポート

またDeNAはイベントのレポートを公開している。内容は以下の通り。
 

「LAVAL VIRTUAL 2018」は、4月4日と4月5日をビジネスDay、4月6日から4月8日を一般Dayとして、ラヴァルの街の7つの建物を使用して、計5日間にわたって開催している。本年度は300団体以上が出展し、ビジネスDayと一般Dayであわせて約18,400人が会場を訪れました。なお、開催期間中は、街中の様々な場所に「LAVAL VIRTUAL 2018」のポスターが貼られるなど、街に根ざしたイベントに成長している様子が窺えました。

『VoxEl』のブースでは、本ゲームの概要がわかる展示と、プレイできる機器を2台設置し、約200名の来場者に実際にプレイしていただきました。本ゲームをプレイするにあたって、体験者はPCにつないだVRヘッドセット、VRゴーグルを装着し、片手で操作できるコントローラーを手に持ちます。このコントローラーでギミックを解き明かすのですが、操作自体はふたつのボタンのみを使用するので、あまりVRゲームになじみのない方や子どもでもストレスなくゲームの進行が可能です。

全ての機器を装着し、目の前の扉を開けると、そこには幻想的な世界が広がります。そこで、足を鎖でつながれた少女「エル」がプレイヤーに語りかけます。

プレイヤーは「エル」に導かれ、「エル」とともに各ステージに散りばめられたギミックを解き明かし、次のステージへと進んでいきます。たどり着いた最後のステージには、『VoxEl』の世界の長い年月の流れを感じさせる巨大な敵が現れます。

最後のステージまでのギミックを利用して、巨大な敵とのバトルに勝つと、ゲームクリアです。一つひとつのギミックは一度解いてしまえばシンプルなものですが、VRでより世界観に没入できることと、解決に至るまでに試行錯誤が必要なため、非常にやり応えのあるゲームになっています。

『VoxEl』のブースでプレイした200名の平均的なクリア時間は約30分程度で、クリア率は約32%(未就学児含む)。一般Dayは土地柄からか、家族連れも多く、親子でプレイしている方も多く見られました。

実際に本ゲームを体験した方に感想を聞いてみたところ、「VR技術をうまく活用したゲーム性が、革新的で面白い」「VRゲームとしてのグラフィックが良い」など、本ゲームを開発するにあたってのアイデアや、VRゲームとしてのグラフィック、サウンドなどにポジティブな意見が見られました。

一方で、今後への期待感を込めて、「サウンドのバランスを調整してほしい」「日本語ボイスで字幕の対応をしてほしい」といった具体的なリクエストをする方もいました。
 


 

■『VoxEl』のブースの様子

また、『VoxEl』はブース出展のほか、優れたAR/VRコンテンツを表彰する「LAVAL VIRTUAL AWARDS 2018」にも参加した。なお、本ゲームの具体的な展開は未定ですが、今後もAR/VR関連の海外の展示会に随時出展予定とのこと。

*ゲームの画像はすべて開発中のもの。
*ゲームの仕様は、開発段階のため、リリース時は変更になる可能性がある


■「LAVAL VIRTUAL 2018」について

フランスのラヴァル市で開催されているAR/VRの展示会です。1999年、当時の産業大臣が、デジタ
ル技術でラヴァルの町おこしをすることを目的にスタートし、2018年で20回目を迎えました。
2017年は出展者数250団体以上、来場者数17,700人を記録するなど、世界最大規模のAR/VRの展
示会として知られています。なお、ラヴァル市ではイベントの開催だけでなく、VR関連の企業や研
究所大学機関などの誘致も行っています。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】バンナム、『ONE PIECE GRAND CRUISE』をリリース 麦わらの一味になって大海原へ
2 【PSVR】『Wipeout Omega Collection』体験版が国内リリース 
3 モノビット、 VTuber事業部を設立 新開発の「モノビット・バーチャル・アクター・システム」や専用スタジオもオープンへ
4 【PSVR】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』の体験版がリリース 4K/VRの両モードで楽しめる
5 スマホ向けVRアプリ『ソードアート・オンラインVR Lovely♡Honey♡Days』の事前登録が開始 アスナを様々な角度から激写可能
6 大分放送とジョリーグッド、VR360°動画サービス「VR OITA」開始 鉄輪温泉の紹介など…インバウンド誘致を目的に英語版も公開
7 テスティー、「VR/AR」に関するアンケート調査の実施 未体験者は無料なら体験したいが7割に
8 【PSVR】タワーディフェンスゲーム『Animal Force』が2018年に国内発売 動物と共にエイリアンから地球を守ろう
9 サードウェーブのゲーミングPC 、VR映像体験「機動戦士ガンダム THE ORIGIN -RISING-」を動作PCとして採用
10 【おはようVR】PSVR対応の『Wipeout』や『ANUBIS』の体験版リリース ホロラボとインフォマティクスがMR技術で業務提携など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど