クラウドライブ(Crowdrive)、RhinocerosHorn、Oculus Riftに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

グーパとRhinocerosHorn、新作VRゲーム『ZEN SPLASH VR』のクラウドファンディングを開始

2016年01月20日 21時19分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



グーパとRhinocerosHornは、1月20日より、ゲーム特化型クラウドファンディングサービス「Crowdrive(クラウドライブ)」で、禅とアートを融合させたVRゲーム『ZEN SPLASH VR(ゼン スプラッシュ ブイアール)』制作プロジェクトを開始した。目標金額は30万円で、3月5日まで受け付ける。

『ZEN SPLASH VR』は、iOS/Android端末用アプリとして配信中のアクションゲーム「ZEN SPLASH」を前身とした、まったく新しい体験ができるVRゲームで、「Oculus Rift」に対応するとのこと。ゲームの内容は、これ以上ないほどシンプル。画面中央の赤い丸を操作し、 画面の奥から次々と飛来する無数の図形を避け続けるというもの。

ゲーム全体に「禅の思想」を取り入れ、 極限まで無駄を廃したスタイリッシュなデザインと、「ただ今」に没頭するスリリングなゲーム性が特徴。ゲーム体験は、禅を体験した後のように心がスッと軽くなり、心身が爽快な気持ちになるという。また、VR画面いっぱいに無数の図形が迫り来る視覚体験はゲームという枠を超え「身体全体で感じるアート作品」を目指しているという。

なお、リターンとしては、 このプロジェクトでしか手に入らないオリジナルサウンドトラックや、メイキングビデオ、 チートアイテムである「禁断の力」がセットになった先行ダウんロードなどが用意されているそうだ。詳細はプロジェクの募集ページを確認してほしい。


 
■関連サイト
 

プロジェクト詳細





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Oculus RiftZEN SPLASH VRRhinocerosHorn

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
6 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
7 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
8 【PSVR】PS4システムアップデート本日配信 VRにヘッドホン接続時、Blu-rayでバーチャルサラウンド対応…ブロードキャスト時のコメント表示なども
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど