MREAL Display MD-10、キヤノンに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

キヤノン、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMRシステムのヘッドマウントディスプレイ「MREAL Display MD-10」を5月25日より発売

2016年05月24日 10時35分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



キヤノン<7751>は、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システム『MREAL(エムリアル)』の新製品として、広画角・高精細を実現したヘッドマウントディスプレイ「MREAL Display MD-10」を5月25日より発売する。価格は900万円。

「MREAL」は、自動車メーカーをはじめとする製造業での設計・製造部門で、デザインや設計データを実物大の3D映像で確認し、試作回数やコストの削減を可能にする業務支援ツールとして市場から高い評価を得ている。新製品は、従来機種のヘッドマウントディスプレイ(2012年7月発売)とハンドヘルドディスプレイ(2014年2月発売)の上位機種で、広画角・高精細を実現し、自動車本体のような大きな立体物のデザインの確認から、細かい部品を用いた作業の確認まで、幅広い用途で検証することができる。
 
▲CGと実物の手を融合した映像例


新製品の画角は、水平方向で約60°、垂直方向で約40°を実現し、ディスプレイ上に映し出す面積は従来機種の約2倍に拡大する。また、解像度も現実映像で約1700×1060、CG部分で1920×1200と、従来機種に比べ大幅に向上したという。これにより、自動車の外観や内装のデザインを近距離から確認できることや、ねじのような細かい部品をCGにはめ込むことで作業性を確認できるなど、実寸大で臨場感のある3D映像を通した検証が可能になる。

「MREAL」は、組み立てやメンテナンスの検証時にCG映像の中に自分の手を映し出し、作業性や操作性を確認することができる。この検証に新たなソフトウエアを使用することで、手の輪郭をより滑らかに表示することができ、手とCGの位置関係をより自然な感覚で把握することができるとのこと。




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど