VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

リニューアルストア、不動産VRプロモサービス「中古ミテクレ」で販売中の中古住宅・中古マンションのリフォーム後が体験できるサービスを開始

2016年06月14日 18時23分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



リニューアルストアは、不動産向けVR(バーチャルリアリティ)では初となる、販売中の中古物件の現地でリフォーム後を仮想体験できるサービスを6月7日より開始したと発表した。今後は、関東、関西の不動産会社とも提携し、中古物件の販売開始と共に「ウェブサイト」と「現地内覧」の2ラインでVR体験を提供し、不動産販売のあり方を変える新たな「不動産専門VRプラットフォーム」を提供していくという。
 



<以下、プレスリリースより>


■「中古ミテクレ」とは
これまでも弊社は不動産会社と提携して、中古物件購入者の希望に合わせた個別のVRコンテンツを作成してまいりましたが、インターネットに公開されている中古物件と、その現地内覧時によりダイナミックな体験を実現すべく、ウェブサイトでは販売中の現況VR体験とリフォームVR体験を公開し、また、販売物件の現地では、内覧者のみが体験できるリノベーションVRを用意し、セールス活動に寄与して参ります。

このウェブサイト公開に伴い、VRプロモーションのサービス価格設定も大きく刷新。販売の都度で利用する「従量制」・よりメリットの高い継続利用の「月額制」を取り入れ、売り出しから成約までのスピードが物件によって様々なこと、かつ流動性が高い中古物件の販売特性に則したプランによって、導入しやすい身近なVRとして普及を募って参ります。
 


■「中古ミテクレ」サービス開始の背景
現在これだけ多くの人が中古住宅を検討・購入しながら、長らく中古住宅における販売スタイルは、リフォーム前の状態での売り出しか、一度、不動産会社が買い取り、リフォーム済みとして販売する2者択一しかありませんでした。これは「中古不動産」という分野においては非常に固有なものですが、リフォーム前の物件では、購入後に取り掛かるリフォームのイメージやかかる費用が不明な状況で購入判断を迫られること。

リフォーム後の物件では、一度、不動産会社が買い取りして改装後、再販するため仕入、改装費と利益が上乗せされた割高感が出ること、また、住まい手本人のリフォームではないため、完成状態のリフォームに対する好みの問題や要望の不一致など、中古不動産ならではの、本質的な課題を解決する手段がありませんでした。

そこで弊社は、普及に向けて加速しつつあるVRという新しい情報伝達手段を取り入れることで、リフォーム後の未来を体験することを実現し、体験して初めて気づく住まい手本人の潜在的なニーズの発現が、購入後のリフォームプランにも「暮らしやすさ」や「愛着」につながるヒントを生み出すことができるようになりました。


 
■関連サイト
 

中古ミテクレ





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど