VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ズームスケープ、360度カメラを用いて一度の撮影で3次元図面の作成が可能な『PanoMeasure2』を発売 対応カメラはTHETA等

2016年06月21日 14時26分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
ズームスケープは、6月21日、2015年度RICOH THETAデベロッパーズコンテストで部門賞を獲得したWindows 対応ソフトウエア「PanoMeasure2 standard版」を、2016年6月30日にリリースすることを発表した。また今後はリリースすることが決まった「standard版」に加え、より精度の高い計測が可能な「professional版」や「stereo版」をリリースする予定とのことだ。


■PanoMeasure2

THETAで撮影された360度パノラマ画像を用いて、簡単に広範囲の寸法計測、3次元図面作成ができるソフトウエア。「PanoMeasure2」は、2015年度RICOH THETAデベロッパーズコンテスト」でアプリケーション・ユーティリティ部門賞を獲得している。


■PanoMeasure2の特長

1.パノラマ画像を背景に寸法計測や3次元図面が作成が可能。PTGuiやHuginで合成した全周パノラマ画像やTHETAのようなワンショットパノラマカメラで撮影した画像を元に、PC上で寸法計測や図面作成ができる。写真を撮れば、計測が可能になるので、天井裏、床下といった人が入りにくい狭い場所でも使用することも。
 
2.直観的でシームレスな操作。撮影した画像をPanoMeasure2に取り込むと、360度の画像をマウスや指先で直観的に確認することができる。
 
3.作成した図形を出力可能。作成した3次元図面のデータは、AutoCADなどのCADソフトで取扱い可能なDXF形式やCSV形式で出力することができる。

■ソフトウエア概要 「PanoMeasure2」

・価格 通常価格60,000円
リリース記念キャンペーン ¥49,800円
(キャンペーン期間2016年6月30日~2016年9月30日まで)
・デモ版は発売日前でもダウンロード可能。
・対応OS Windows7,8,8.1,10
※古いPCで、Windows10にアップグレードした場合は注意事項あり

詳細は下記URLから
・商品仕様URL
http://zoomscapeweb.wix.com/panomeasure2#!product/c205y

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど