Vive、Steamに関するVRレビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【VRゲームレビュー】迫り来るモンスターから身を守れ…『The Brookhaven Experiment』の体験版をプレイ 心臓の弱い方はお控えを

2016年06月28日 18時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
現在、オンラインPCゲームのプラットフォーム「Steam」で『The Brookhaven Experiment』の体験版が公開されている。このゲームは右手のコントローラーのトリガーボタンで射撃、脇にあるボタンでリロードを行い、左手の懐中電灯で辺りを照らすという操作で迫り来るモンスターを排除するという非常にシンプルなゲームだ。

ただこれまでのゲームとは異なり、HTC VIVEを使用してVR空間でプレイをするため、非常に没入感が強いゲームプレイとなる。視界は360度全方位あり、そこら中から足跡やうめき声が聞こえてくる。手にある懐中電灯の灯りは遠くを照らすには頼りなく、ハンドガンも心もとない。

右手を上げたままなので、疲れでどんどん狙いは定まらなくなるが、敵は四方から迫り、リロード中にも敵はドンドン近づいてくる、といった具合だ。筆者がそこそこの怖がりなのもあるが、初プレイ時にはWAVE1(ステージ1)をクリアしただけで、へとへとになりプレイが続けられなかった……これは実に楽しい。
 

▲右手のコントローラーでの操作は、トリガーボタンで射撃、サイドボタンでリロード。


▲左手が懐中電灯。これが本当に頼りない。


▲いきなり攻撃を食らったかと思えば……


▲目の前の敵に夢中で、背後に気付かなかっただけ。


▲なんとか生き残るも、心身ともにへとへと。


▲ステージクリアボーナス、様々なアップグレードがある。


▲当然進んでいくと敵もドンドン強くなる!
 

本作は、VRを初めてプレイするユーザーにはある種、最適だと言えよう。全方に神経を張り巡らせ、迫り来る敵を撃つ。「これぞVR!」というゲームになっている。

銃の照準に関しては、敢えてなのか、こちらの設定の問題なのか判別は難しいが、なかなか当たらず、また長時間プレイすることによって、腕の疲れからますます弾が当たらなくなっていくのは、ある種の現実感を反映してるようにも感じる。パニックになり、残弾がないのにトリガーをカチカチ引いてしまう、映画の1シーンのような、あの体験はなかなかできるものではない。海外ドラマ「ウォーキング・デッド」などが好きな読者は是非ともプレイしてみて欲しい。

なお、製品版の公開は7月6日(恐らくアメリカ時間)の公開予定しており、今のうちの購入しておけば、25%OFFの1485円で入手が可能になる。
 
 
■関連サイト
 

BrookHaven体験版





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ViveSteam

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど