ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

USJでVR映像効果も駆使したホラーアトラクション(R15)が9月10日より期間限定で登場 生きた虫やジェルなど想像を絶する恐怖体験が今秋に

2016年07月22日 23時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2016年9月9日(金)から、秋のシーズナル・イベント『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』をスタートすると発表した。昼は仮装で自分を解き放ってはじける大熱狂、夜はホラーによる恐怖の連続で絶叫リミットが崩壊し、恐怖が興奮に変わる、15周年限定の“やりすぎハロウィーン”をお届け。

なかでも昨年秋に登場するやいなや、爆発的に話題となった強要型最恐メイズが『トラウマ2』として新たに生まれ変わり、いまだかつて誰も体験したことのない脳裏に刻みこまれるほどの超絶恐怖体験でゲストを極限状態に追い込む。

加えて注意事項には、特殊効果としてVR映像も駆使するという表記も。そのほか、水、暗闇、におい、生きた虫、ジェル、座席の動きなど、想像を絶する恐怖体験が味わえるという。ゲームなどを中心にVRコンテンツとホラーの親和性は高いが、その究極系を今回のアトラクションで見られるかもしれない。具体的にどのようにVR映像が使われているのかは、体験者のみぞ知る。
 
 

そのほかパーク中で大絶叫の声が響き渡る、大人気『ストリート・ゾンビ』は、今年新たな演出を加え、究極のサバイバルへと大幅スケールアップ。ゲストは容赦ないゾンビの襲撃から逃げまどうだけでなく、退路を断たれた絶望的な状況から、命からがら逃げのびる究極の緊迫感と達成感を味わえる。

そして、パーク史上初の試みとして新たに、純国産ならではの、目には見えない心理的恐怖を五感で体験できる『Jホラー・エリア』が圧倒的スケールで登場し、最恐ホラーのバリエーションをさらに増強。
 

さらに、映画公開から40年以上経った今も、あまりの衝撃的な映像で人々を恐怖に震え上がらせ続ける、不朽のホラー名作『エクソシスト』も、ウォークスルー・メイズとしてパークに初登場。衝撃的なシーンをユニバーサル・スタジオ・ジャパンの世界最高クオリティで再現。
 

『ハロウィーン・ホラー・ナイト』開催期間:9/10(土)~【パーク初!】毎日開催開催時間等詳細については、オフィシャルWEBサイトにてチェック。



■『ハロウィーン・ホラー・ナイト』
 

特設サイト


 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

ピックアップ

記事ランキング

1 Tokyo XR Startup、Vtuber育成プログラム相談会やインキュベーションプログラムなどを開催 gumi会長の國光氏やActiv8プロデューサーらの講演も実施
2 【TGS2016】前代未聞のチューブ型「一次元ゲーム」が三冠を達成! 9回目を迎えたセンスオブワンダーナイトは今年もユニークな作品がずらり
3 【おはようVR】PSVRで『DRONE STRIKER』配信開始 「TYFFONIUM」でハロウィン期間限定イベント Tokyo XR StartupがVtuber育成プログラム相談会など
4 アンビリアル、スマホでできるアバターライブ配信アプリ『トピア』をリリース
5 【PSVR】PARK ESM、パズルゲーム『BUGSBOX VR』をリリース 悪い昆虫から知恵を駆使してハニーランドを守ろう!!
6 meleap、法人企業様向けの体験イベントを開催 10月27日〜10月29日までラグーナテンボスにて
7 【PSVR】USERJOY、『DRONE STRIKER』を配信開始 シューティングコントローラー対応でゲーセンの射撃感を再現
8 凸版印刷、ロボットの遠隔操作用途のHMDを開発 2020年度の実用化を目指す
9 ティフォン、次世代VRテーマパーク「TYFFONIUM」でハロウィン期間限定イベントを開催 
10 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど