モケイプラス、アーク情報システムに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

3Dデータから立体造形物を出力しAR(拡張現実)表示を付加してお届け…VRモックアップサービス「モケイプラス」サービス開始

2016年08月02日 11時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



アーク情報システムは、触覚と視覚の両面から利用者に訴求する新サービス”VRモックアップサービス「モケイプラス」”の受付を8月1日より開始した。

「モケイプラス」は、近年普及が加速している3Dプリンタを利用した立体造形物の出力サービスに加え、その造形物にAR(拡張現実)表示を付加した“3DモデルとARの融合”サービスだ。

利用者は3Dプリントの申し込みを行い、CADデータとメタデータなどをアップロードすることにより、iPhoneやiPadを利用してAR表示ができる立体造形物を手にすることができる。

また、1つの立体造形物に対し、複数のiPhoneやiPadから、それぞれ異なるAR情報を同時に表示させることが可能。(Android端末対応は未定)


▲ホワイトハウスの模型
 

お預かりしたデータは、アーク情報システム社内の高精度3Dプリンター(Stratasys社製Objet EDEN 260S)で立体造形物を出力し、同じく、社内でAR情報を造形物に付加。AR情報は、アーク情報システムの開発した専用のアプリを使用して、iPhoneやiPadといったモバイル端末を通して見ることができる。

立体造形物は、下記のようなモデルも作成可能。


▲分子モデルの模型


▲カニの模型

※出力の一例/硬質不透明(VeroBlue)

アーク情報システムでは、試作品を手軽に作りたい製造業や、ARを融合した展示物をご検討中の博物館、教材として活用したい教育機関等に向けて普及を展開。

 また、将来的には3Dスキャンサービスによる3Dモデルデータの作成や、数値計算データ等の可視化でVR表示を行うことも計画しているという。
 
サービス利用の価格は、造形物のプリントに要する樹脂の量により変動。
(例:樹脂使用量150gの造形物の場合、37500円(税別))

また、AR情報付加サービスは閲覧期間に応じて費用が変動。
(1ヶ月1000円(税別)から)
また、長期利用契約では割引も適用。


■モケイプラス
 

公式サイト



 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
6 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
7 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
8 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど