KADOKAWAに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRオンラインゲームの世界を舞台にした人気小説「ソードアート・オンライン」がハリウッドで全世界向けに実写映像企画が進行中

2016年08月03日 20時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



KADOKAWAは、電撃文庫より刊行している小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(著/川原 礫、イラスト/abec)において、米国の多角的メディア企業であるSkydance Mediaが全世界向け実写映像化について合意、スカイダンス・メディアにより、世界初『ソードアート・オンライン』実写テレビドラマの企画が進行していることを発表した。

実写テレビドラマ化にあたっては、Laeta Kalogridis氏(レータ・カログリディス、「アバター」「シャッター アイランド」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」)がパイロット版エピソードの脚本を担当、David Ellison氏(デイビット・エリソン)、Dana Goldberg氏(デイナ・ゴールドバーグ)、Marcy Ross氏(マーシー・ロス)と共にエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

『ソードアート・オンライン』は、2016年8月10日発売のシリーズ最新18巻を含み全22冊を刊行、全世界累計発行部数が1,900万部を突破する小説作品を原作としている。これまで、9作品のコミック化や2度のテレビアニメ化、ゲーム化、商品化と、幅広いメディア展開を行ってきた。コンシューマゲームでは2013年の発売以来190万本を売り上げ、アプリゲームのダウンロードは900万を達成。

アニプレックスを主幹事とする、A-1ピクチャーズ制作のテレビアニメシリーズでは、これまでに全世界で93万本以上のビデオを販売。北米では2014年3月よりNetflixにて配信されている。2017年春には、原作者・川原 礫氏の書き下ろし完全新作オリジナルストーリーによる「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」が全国ロードショーの予定。

スカイダンス・メディアが手掛ける『ソードアート・オンライン』テレビシリーズでは、次世代VRオンラインゲーム「ソードアート・オンライン」の世界に囚われた主人公・キリトとその仲間たちがデスゲームのクリアを目指す、という原作小説のストーリーをベースとしている。数々の謎に満ちた壮絶なゲームの世界において、ゲームオーバー(=現実の死)に立ち向かい、キリトたちがソード(剣)による死闘を繰り広げていく内容に。

 

■『ソードアート・オンライン』実写テレビドラマ化にあたってのコメント


▼原作小説著者・川原 礫氏より


『ソードアート・オンライン』がハリウッドで実写ドラマ化、しかもあのスカイダンスによって……という思いがけない展開にとても興奮し、また感動しています。映像を見られる日が楽しみで仕方ありません。今回のドラマ化を実現させて下さった全ての関係者様、そして『ソードアート・オンライン』をいままで応援して下さった全世界のファンの皆様に心から感謝いたします。


▼スカイダンス・メディアCEO デイビッド・エリソン氏より

スカイダンスでは、仮想世界を創作するというビジネスに取り組んでおり、テレビドラマをはじめとした実写展開を計画しています。『ソードアート・オンライン』は、壮大なポップカルチャー現象となることでしょう。世界中の『ソードアート・オンライン』ファンに敬意を表し、レータや川原 礫、そしてKADOKAWAやアニプレックスのチームと共に、真に感動的な新しい『ソードアート・オンライン』の世界を創り上げていくことを楽しみにしています。


▼脚本 兼 エグゼクティブ・プロデューサー レータ・カログリディス氏より

何年もの間、『ソードアート・オンライン』シリーズの独創的で見事なストーリーテリングにインスパイアされてきました。最先端でありながら時代を問わない『ソードアート・オンライン』のストーリーを、スカイダンスで新しい作品として立ち上げられること、また優秀なパートナーたちと共に仕事ができることを嬉しく思っています。

【レータ・カログリディス氏】
映画やテレビドラマの脚本家兼プロデューサー。脚本作品に「X-MEN」「トゥームレイダー」「スクリーム3」「アレキサンダー」「ナイト・ウォッチ」「Bionic Woman (原題)」「レジェンド・オブ・ウォーリアー 反逆の勇者」そしてエクゼクティブ・プロデューサーも務めたマーティン・スコセッシ監督「シャッター アイランド」がある。スカイダンスとは、2015年の映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」に脚本家兼プロデューサーとして参加。その他のプロデュース作品に、ジェームズ・キャメロン監督「アバター」や「ホワイトハウス・ダウン」など。現在、スカイダンス製作・Netflix向けのSFテレビシリーズ「Altered Carbon(原題)」の脚本執筆およびエクゼクティブ・プロデューサーを務めている。


「ソードアート・オンライン」シリーズといえば、同名の次世代VRオンラインゲームを舞台に、主人公・キリトとその仲間たちが脱出をかけてデスゲームのクリアを目指すという作品。また、2016年3月には、日本IBMとのコラボレーションにより、 「ソードアート・オンライン」の世界観をIBMのクラウド・サービス「SoftLayer」上で再現・体感できるイベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を展開。
 

「ソードアート・オンライン」の実写ドラマは、一体どのように描かれるのか。続報が入り次第お伝えしていく。



 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KADOKAWA

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
3 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
4 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
5 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
6 【PSVR】PS4システムアップデート本日配信 VRにヘッドホン接続時、Blu-rayでバーチャルサラウンド対応…ブロードキャスト時のコメント表示なども
7 【インタビュー】VR×女性向けコンテンツの相性とは いち早く同ジャンルのVR開発に取り組んだエイタロウソフトの挑戦
8 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
9 【PSVR】巨大ロボットアクション『Archangel』が日本語に対応し国内リリース
10 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど