エンルートに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

大分県にドローンの研究施設が開設 海洋ドローンを始めとする無人機の実用化研究を推進

2016年08月05日 12時03分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


エンルートは、大分県大分市に研究所を開設することを発表した。飛行ドローンの自律制御技術を、無人艇や、無人車両に応用し、漁業支援、水難救助、害獣対策、山間部・離島への物流などに活用できるよう、社会適用試験を中心に機材や運用方法の研究開発を進めていく。
 

▲左より溝部研究所長、伊豆エンルート代表、広瀬大分県知事、佐藤大分市長

無人機の実用化には、現場での試験運用が重要となっている。エンルートの飛行ドローンは、多くの現場での運用を経験し、実用化が進んできたという。この飛行ドローンの自律制御技術と運用経験を生かし、無人走行艇、無人車両等の開発を進めており、機材の社会適用を検証する現場を模索。そして今回、大分県と、大分市の積極的な協力があり、大分県に研究施設を開設する運びとなった。

「海洋ドローン」と称する、無人艇、無人機のハイブリッドモデルなど、漁業や水難救助に適したモデルの試験を大分県沖で実施することや、害獣対策用の無人車両の試験を山間部で行う予定となっている。研究員は、地元の漁業従事者、農業従事者と連携して研究開発を行うため、地元採用も行うとのこと。

あわせて、飛行ドローンや、産業用無人機材のオペレーションやプログラムを行う教習施設も開設。

同社は、「地方での活用が期待される無人機は、運用する地域と連携して開発することが重要と考えており、大分県での研究開発は、他の地方都市への展開にも役立ててまいります」としている。
 

▲行政向け産業用無人機活用セミナーの様子


 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど