HTC、Vive、Steamに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

「HTC Vive」の3Dトラッキングシステムをロイヤリティフリーで解放 シアトルでの研修が必須だが、将来的にはアジア圏でも

2016年08月05日 14時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Valveは、「HTC Vive」で使用されている3Dトラッキングシステムをライセンスを認可された際に、ロイヤリティーフリーで公開すると同社の公式サイトで発表した。これによってライセンスを認可された発明家や、プロダクトデザイナー、VRハッカー、デバイスメーカーなど、あらゆる分野の開発者が同社のトラッキングシステムを無料で使用し、開発を行うことが可能になった。

ライセンスの認可にあたっては、必ず代表者が研修プログラムに参加が必須で、その際の費用として参加者1人あたり$2975(約30万円)が必要となる。研修プログラムはシアトルにある「SYNAPSE」社で今年の9月からを予定している。ただしHTCでは、アジア向けの研修プログラムも開催予定だという。


■関連サイト
 

Valve

SYNAPSE





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 AR最前線…『ポケモンGO』池袋はポケモン発生地の宝庫 名所として知られる池袋西口公園&サンシャインシティを巡る
4 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
5 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
6 圧倒的性能 GTX1080を2枚搭載したPCがドスパラで販売開始に
7 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
8 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
9 ジェネシスホールディングス、一体型VR HMD『DIGI+ DGP-VRG01』を販売開始 価格は52,800円から
10 Mozilla、ブラウザ『Firefox Reality』をOculus Quest対応 音声入力機能やトラッキング保護機能も搭載
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど