HTC、Vive、Steamに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

「HTC Vive」の3Dトラッキングシステムをロイヤリティフリーで解放 シアトルでの研修が必須だが、将来的にはアジア圏でも

2016年08月05日 14時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Valveは、「HTC Vive」で使用されている3Dトラッキングシステムをライセンスを認可された際に、ロイヤリティーフリーで公開すると同社の公式サイトで発表した。これによってライセンスを認可された発明家や、プロダクトデザイナー、VRハッカー、デバイスメーカーなど、あらゆる分野の開発者が同社のトラッキングシステムを無料で使用し、開発を行うことが可能になった。

ライセンスの認可にあたっては、必ず代表者が研修プログラムに参加が必須で、その際の費用として参加者1人あたり$2975(約30万円)が必要となる。研修プログラムはシアトルにある「SYNAPSE」社で今年の9月からを予定している。ただしHTCでは、アジア向けの研修プログラムも開催予定だという。


■関連サイト
 

Valve

SYNAPSE





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( HTCSteamVive

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
6 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
7 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
8 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど