GHOSTBUSTERS DIMENSION、The VOIDに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

NYを歩きまわってゴースト退治 超体感型、歩けるVRアトラクション『GHOSTBUSTERS DIMENSION』のプレイリアクション動画が公開中

2016年08月12日 17時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




 
ゴーストバスターズの体験ができる4D型VRアトラクション『GHOSTBUSTERS DIMENSION』のプレイリアクション動画が公開された。

これは、ニューヨークにあるマダム・タッソーに新たに設置されたアトラクションで、プレイヤーはVRに対応したヘッドマウントディスプレイと専用のデバイスを背負って施設を探索する。従来のVRアトラクションと大きく異なる点は、施設まるごとがその仮想空間に適した作りになっている。また専用のデバイスを用いることでワイヤレスな環境で施設内を動き回れるほか、水やガスといった現実空間での演出を組み合わせることで、非常に濃い没入感を生み出している。

料金は大人一人$49.75(約5100円)で、マダム・タッソーの施設内を全て利用できるチケットが必要を購入する必要がある。また同時プレイ人数は最大3人までとなる。
 
 







 
■The Voidについて

従来のVRアトラクションと大きく異なる点は、施設まるごとがその仮想空間に適した作りになっていること。また、専用のデバイスを用いることでワイヤレスな環境で動き回れるほか、水やガスといった現実空間の演出を組み合わせることで、非常に濃い没入感を演出していることだろう。
 
オフィシャルムービーを見る限り、複数のプレイヤーで同時進行するため、突然出現するモンスターなどにひるみ、接触事故や転倒事故などが起きないか心配するレベルのハイクオリティな施設になっている。
 


 ▲未来世界が舞台での戦闘シーン


▲施設に合わせて世界も構築されている


▲タッチパネル操作も実際に触れて行う


▲施設内にはガスなどのFX効果も



▲ランタンを持った遺跡探索中、その先には


▲施設ではトラッキング用のベストと、専用のHMDを使用
 

また既にテスター体験ムービーも公開されており、実際にプレイしている様子が窺える。動画からは参加者が絶叫しているシーンなども見受けられ、非常に期待できる内容になっておりオープンが待ち遠しい。今後はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどでの展開も視野にいれているようだ。
 

■関連サイト
 

GHOSTBUSTERS DIMENSION





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GHOSTBUSTERS DIMENSIONThe VOID

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
3 360Channel、身の毛もよだつVRホラー映像『むこうがわ~VR恐怖体験~』チャンネルの配信開始…スマホでも簡単に視聴が可能
4 【イベントレポート】PS4ProとPS4の性能比較 センスオブプレゼンス高める更なる可能性とは…「VR Tech Tokyo#4」レポートその3
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
9 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど