デジタルハーツに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

デジタルハーツ、「VR酔いスコアリングサービス」の提供を開始  酔いやすさを定量化し対策をサポート

2016年08月16日 13時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
デジタルハーツは、8月から、「VR酔いスコアリングサービス」の提供を新たに開始すると発表した。

VRコンテンツにおいては、画面の奥行や重なり、動作スピード等にわずかでも違和感がある場合、ユーザーの不快感や疲労感、及び「VR酔い」といった現象を引き起こす場合があるため、高品質な製品開発が必要不可欠となっている。

この流れを受け、同社は今後増加が見込まれるVRコンテンツのデバッグ需要に備え、いち早くVRコンテンツ専属デバッグチームを結成し、サービス提供実績を積むとともに、VRコンテンツのデバッグで必要とされる特有の技術・ノウハウに関する研究を進めていた。

特に、VRコンテンツ特有の課題である「VR酔い」を軽減するためには、幅広いユーザー層の体感差を考慮したコンテンツ開発が求められることから、デジタルハーツでは「VR酔い」に着目し、在籍している8,000名を超えるテスターのうち性別・年代等が異なる多種多様な人材により、様々なジャンルのVRコンテンツの検証を実施することで、抽象的な概念であった「酔いやすさ」の定量化及びそのデータの蓄積に取り組んできたという。
 

これらの研究成果として、頭痛・眩暈・唾液量・発汗量等、学術的な知見に基づき項目化された生体情報のプレイ前後を評価・比較・分析することで、「酔いやすさ」の定量化を実現するとともに、その蓄積されたデータから、ジャンルや想定ユーザーの特性を反映した総合的な「VR酔い」に対する評価を可能とし、新たに「VR酔いスコアリングサービス」として、本サービスの提供を開始している。
 

「VR酔いスコアリングサービス」は、調査対象であるVRコンテンツが一般的に酔いやすいものか、ユーザーが継続してコンテンツを利用するにあたり適正であるか等を、「酔いやすさ」を表す項目別に評価方式で数値化し、調査結果レポートとして提供される。

また、調査結果に加え、「VR酔い」の数値が高く出た項目においては、アクション別の分析を行い、「VR酔い」とゲーム性・没入感の相関性を考慮した具体的な改善提案を実施することで、VRの魅力を最大限活かしたコンテンツ開発を支援していくという。


■関連サイト
 

デジタルハーツ





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( デジタルハーツ

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
3 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
4 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
5 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
6 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
7 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
8 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【インタビュー】『バイオ7』の振り返り、そしてクリスが主役の「Not A Hero」の展望とは…カプコンのVRへの取り組みについて川田氏、高原氏に聞く(後編)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど