VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

朝日新聞社、リオ オリンピックの360度動画を配信開始 コルコバードの丘に立つキリスト像やシュラスコまで現地の様子をVRで

2016年08月18日 11時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



▲動画の通常表示(メガネ型のアイコンが右下に見える)
 

朝日新聞社は、日本選手団の活躍が続くリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの会場周辺で撮影した3次元(3D)・360度動画の配信を開始した。

スマートフォンとYouTubeアプリの最新版、紙製の簡易ビューワーがあれば、全方向かつ奥行きを感じる仮想現実(VR)を体験できる。有名なキリスト像のほか、今回のオリンピック出場選手を生んだファベーラ(スラム街)にあるバドミントン教室、華麗な色彩の観光名所「セラロンの階段」など5本のVR動画を、朝日新聞デジタルから配信。

http://www.asahi.com/olympics/2016/vr_panorama/

スマホで上記URLにアクセスすると、VR動画のリストが表示される。再生したい動画の右下の「YouTubeを開く」をタップし、YouTubeアプリで動画を開く(スマホの環境によってはYouTubeアプリが起動しない場合がある)。動画の再生を始めてから再生中の画面のどこかをタップし、右下にメガネ形のアイコンが現れたらそこをタップ。すると、画面が左右に分割され、立体視できる「視差」がついた表示となる。この状態でビューワーに入れる(安いものは1000円程度で市販されている)。
 

 

▲分割表示された動画(右目用と左目用で「視差」があることがわかる)

ビューワーをのぞき、上下左右に顔を向ける。上を向ければ空の動画が、下を向ければ地面を見下ろす動画が自然に表示され、リオに行ったような感覚(没入感)を楽しめる。
 

▲紙製の簡易ビューワーの例

朝日新聞社メディアラボが特注した3D・VR撮影用のカメラを使い、現地に派遣されている映像報道部の取材班が撮影。朝日新聞社はこれまでも、「いきもの目線」などのVR動画を配信してきたが、今回はより臨場感・没入感の高い3次元VRを導入。

なお今回のVR動画は、東京都千代田区の三井住友銀行東館1階アース・ガーデンで開催中の「リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック報道写真展」(朝日新聞社主催)の会場でも8月19日までの正午から午後1時、体験できる(報道写真展は9月23日まで開催)。

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 視野角210度のVRHMD「STAR VR ONE」が日本国内で販売開始 価格は44万5千円(税抜)でエルザ ジャパンやCYBERNETが取り扱い
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
7 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
8 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
9 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど