Viveに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【Vive新作情報】気分はスパイダーマン? 自分を引っ張って進むVRレースゲームが登場 ほかVRデスクトップなど3本

2016年08月19日 08時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
成長著しいVR市場だが、日を追うごとに多種多様なVRゲームがリリースされる。「Social VR Info」では、2016年8月17日〜8月18日(日本時間)に公開されたSteamVRゲームを一挙紹介する。(※価格は調査時の表記となる)

 

■気分はスパイダーマン? 自分を引っ張って進むレースゲーム


 
『Grapply』は、グラップルリングで自身を引っ張り、競うレースゲーム。ビルでのシーンはスパイダーマンさながらの体験をVR空間で行うことができそうだ。
 
【概要】
価格:体験版のため無料
ヘッドセット:HTC Vive
入力:コントローラのモーション追跡
プレイエリア: 着席/ 立位 / ルームスケール / 
言語:英語(インターフェース)

 






 

■デジタルスカッシュ『Racket: Nx』


 
『Racket: Nx』は近未来のような施設でスカッシュのような球技を行うことができる。ただしスカッシュと異なるのはボールが当たったパネルによって様々なリアクションが発生することだ。それぞれの特性を掴んでいい汗をかこう。
 








 
 

■射れ!弓矢を使ったレースシューティング

 

『Wrath Of The Fire God』は、レール型のシューティングゲーム。現れる様々な敵を弓で攻撃し倒せ。ジョイスティックやテレポートなどの移動をしない没入型VRゲームを作るという意志のもと、このゲームが制作されている。
 
【概要】
価格:1480円
ヘッドセット:HTC Vive
入力:コントローラのモーション追跡
プレイエリア: 着席/ 立位 / ルームスケール / 
言語:英語(インターフェース)
 





 
 

■VRデスクトップ『Multiscreens』

 
  
『Multiscreens』は、その名の通りVR空間でデスクトップを表示させるアプリだ。現状ユーザーレビューの評判が気になるので、購入の際には一度ページを確認した上で検討しよう。

【概要】
価格:1280円(8月25日まで985円)
ヘッドセット:HTC Vive / Oculus Rift
入力:コントローラのモーション追跡 / ゲームパッド / キーボード / マウス
プレイエリア: 着席 / 立位 / ルームスケール / 
言語:英語(インターフェース)






 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Vive

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
3 360Channel、身の毛もよだつVRホラー映像『むこうがわ~VR恐怖体験~』チャンネルの配信開始…スマホでも簡単に視聴が可能
4 【イベントレポート】PS4ProとPS4の性能比較 センスオブプレゼンス高める更なる可能性とは…「VR Tech Tokyo#4」レポートその3
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
9 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど