NVIDIAに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

NVIDIA、日本を含めた世界8都市でGPUテクノロジー・カンファレンスを開催 VRなどの最先端技術イベント

2016年08月22日 13時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
GPUアクセラレーテッド・コンピューティングはグローバルなものとなった。そして今では、GPU開発者のための世界最大イベントである、NVIDIAのGPUテクノロジー・カンファレンス(GTC)も、同様にグローバルな存在となった。

NVIDIAでは、4大陸8都市で続々と開催されるカンファレンスで、世界中の主要なテクノロジーの中心地に最新の業界トレンドをもたらし、GTCの影響力を広げている。
 

北京、台北、アムステルダム、メルボルン、東京、ソウル、ワシントン、ムンバイといったすべての都市がGTCの開催地となり、その各都市で、ディープ・ラーニング、自動運転、およびバーチャル・リアリティの分野でNVIDIAとパートナー企業の技術を披露する。

一連のいくつかのイベントでは、NVIDIAのCEO兼共同創設者であるジェンスン・ファン(Jen-Hsun Huang)による基調講演も行われる。

また、シリコンバレーで開催されるGTC 2017の日程も最終決定した。これはGPU開発者にとって最大かつ最も重要なイベントで、5月8日から11日にサンノゼのマッケンナリー・コンベンション・センターで行われる。

GPUコンピューティングに興味のある方ならみなさん、世界中のどこからでも、ぜひ参加したい思うイベントとなるだろう。ワールドクラスの技術セッション、開発者トレーニング、ビジネス・ネットワークづくりのチャンスといった利点により、参加者数はこの4年間で2倍になった。

欧州初のGTC

今回の規模拡大におけるハイライトの1つは、欧州初のGTCです。9月28日、29日にアムステルダムで開催されるこのイベントでは、業界全体の先進的リーダーたちが、GPUを活用したテクノロジーで、自動車業界の変革を手始めに、いかに未来を動かしていくかを説明する。

エキスパートはこのイベントで、自動運転での成功のチャンスを模索するだろう。参加者は、ボルボのDrive Meプログラムのメリットについて学び、アウディの自動運転ソリューションの開発にAIがどう役立っているかを理解し、ルノーの自動運転プログラムでは自動車ビジネスにおける挑戦にどう取り組んでいるのかを発見することができるだろう。

また、GTC Europe Emerging Companies Summitでは、地域のスタートアップ企業が、業界のエグゼクティブやアナリスト、見込み客に画期的な成果を発表するチャンスを得る。

ディープ・ラーニング、AIに重点

GTCの各イベントでは、テクノロジーの飛躍的な進歩を披露します。中でもGTC TaiwanのVR Villageでは、バーチャル・リアリティにおける最新の進歩をデモで発表する。GTC Japanでは、特にAIとロボット工学分野のイノベーションを重点的に、多数のプレゼンテーションセッションを予定している。また、GTC Australiaのハンズオン・ラボでは、参加者がディープ・ラーニングを深く体験できる。

グローバルに展開されるGTCの一連のイベントの目玉は、トレーニング受講のチャンス、教育ツール、業界や学会で世界的に著名なリーダーによる基調講演となる。

過去のGTCでは、Googleのジェフ・ディーン(Jeff Dean)氏、Baidu(百度)のアンドリュー・ウン(Andrew Ng)氏、Pixarのダニー・ナミアス(Danny Nahmias)氏、トヨタのギル・プラット(Gill Pratt)氏、IBM Watsonのロブ・ハイ(Rob High)氏、そしてもちろん、NVIDIAのCEO、ジェンスン・ファンがスピーカーとして登壇している。
 

GTCのサクセス・ストーリー

GTCの一連のイベントで、参加者は新しいアイデアでトップ企業や教育機関とコラボレーションするチャンスも得られる。GTCは、新たなパートナー、顧客、投資家を探している新興企業の登竜門にもなっている。

・2010年には、NaturalMotionのすばらしいリアル物理シミュレーションを紹介し、昨年、Zyngaはこのゲーム会社を5億2700万ドルで買収した。
・ ゲームストリーミングのパイオニアGaikaiは、2012年のEmerging Companies Summit(ECS)に登壇したすぐ後、ソニーによって3億8000万ドルで買収された。
・ バーチャル・リアリティの代名詞ともいえるスタートアップ企業Oculusは、2013年にECSに登壇して賞を獲得し、1年後、Facebookが20億ドルで同社を買収した。
・機械学習のスタートアップ企業Magic Pony Technologyは、2016年のECSに参加し、2か月後、Twitterが同社を買収した。買収額は1億5000万ドルと伝えられている。

詳細情報

全イベントの詳細については、近日開催のGTCのイベントを参照。GTC Japanについてはこちら(全貌の詳細は近日公開予定)




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( NVIDIA

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
6 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
7 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
8 【PSVR】PS4システムアップデート本日配信 VRにヘッドホン接続時、Blu-rayでバーチャルサラウンド対応…ブロードキャスト時のコメント表示なども
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど