クリーク・アンド・リバー社に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

クリーク・アンド・リバー、アイデアレンズ社筆頭株主の投資ファンドパートナーと新会社「VR Japan」を設立

2016年08月22日 14時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は、投資ファンドNewMargin Venturesのパートナーとして知られる王涵氏と共同で、VRおよびAR分野における日本市場進出のための新会社「株式会社VR Japan」を設立したことを明らかにした。出資比率は、C&R社が51%、王涵氏が49%となる。社長には、青木 克仁氏が就任する。

NewMargin Venturesは、VR専用OSを搭載したケーブルレス一体型VRデバイスを手掛ける中国アイデアレンズ社の筆頭株主として知られているが、今回の新会社は、アイデアレンズ社製品の国内独占販売を行うとともに、VR/ARコンテンツのプラットフォームの運営管理を行うという。

C&R社では、アイデアレンズ社の製品・技術力と、C&Rグループのマーケティング力という相互の強みを活かして、今後成長が見込まれる日本のVR/AR市場の開拓を目指す、としている。

■株式会社VR Japan の概要
商 号:株式会社VR Japan
設 立:2016年8月19日
所 在 地:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
代 表 者:代表取締役社長 青木 克仁
資 本 金:20,000千円
出資比率:当社 51.0%、王 涵 氏  49.0%

 
■共同出資者の概要
王  涵 (ワン・ハン)氏の紹介
投資ファンド NewMargin Ventures のパートナー
 
NewMargin Ventures の概要
商 号:NewMargin Ventures
設 立:1999年7月
所 在 地:上海、北京、杭州
事業内容:中国国内のベンチャー企業に対する経営支援を中心としたベンチャーキャピタル事業 

 
■Idealens Technology Co., Ltd.の概要
商号:Idealens Technology Co., Ltd.
所在地: Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA
設立: 2014年
代表者: Chief Executive Officer  宋海涛(ソン・ハイタオ)
事業内容: VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア(プラットフォームを含む)
の開発・運用
 
■今後の見通し
当新会社の設立に伴う連結業績への影響につきましては軽微だが、中長期的に当社業績の向上に資するものである。
 

クリーク・アンド・リバー・プレスリリースより
http://www.cri.co.jp/news/press_release/2016/20160819001677.html





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( クリーク・アンド・リバー社

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
3 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
4 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
5 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
6 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
7 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
8 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【インタビュー】『バイオ7』の振り返り、そしてクリスが主役の「Not A Hero」の展望とは…カプコンのVRへの取り組みについて川田氏、高原氏に聞く(後編)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど