Vive、Oculus Riftに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Radeon RX480が搭載されたVR READY対応のPCが発売 価格は13万7980円(税抜)から

2016年08月26日 11時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 

VRデバイス「Vive」が快適に動作するPCとして、『GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XFR』を、全国22の「ドスパラ」各店舗、およびドスパラ通販サイトにて販売開始となった。

同PCは、グラフィックボードにRadeon RX480 8GB、CPUにインテル Core i7-6700 プロセッサーを搭載しており、Viveを使用したVRコンテンツを快適に動作させる点において、必要充分なパフォーマンスを持っているという。価格は13万7980円(税抜)から。


【GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XFR 製品情報】
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: Radeon RX480 8GB
・SSD: 480GB (SATA 3)
・ハードディスク: 2TB (SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 500W 静音電源 (AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
 
価格:137,980円(+税)

■製品ページ
http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/150/6083/0/

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Oculus RiftVive

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど