テコテックに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRを使った視覚情報で運動神経までの処理速度をアップ 「知覚運動神経を鍛えるVRトレーニング」が提供開始 

2016年08月30日 16時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


テコテックでは、スポーツ選手への新たなトレーニングの提案となる、VRアプリ「知覚運動神経を鍛えるVRトレーニング」の提供を開始すると発表した。

「知覚運動神経を鍛えるVRトレーニング」は、視覚から入った情報を、脳が処理して運動神経に伝達するまでの処理速度を速めることを目的とした新しいトレーニングツールだ。

第1弾は野球をテーマとしたコンテンツを提供。VRの特性を生かして、実際には起き得ない様々な球速・球種を体感することができる。

本ツールは、株式会社テコテックが運営する治療とトレーニングを一度に行うことができる総合治療院 “テコセンター” にて、8月30日より、新たなトレーニング方法として体感することができるという。
 

■知覚運動神経を鍛えるVRトレーニング

提供開始日: 2016年8月30日
提 供 元: 株式会社テコテック
利 用 料: 通常のトレーニング料金に準ずる
利 用 方 法: テコセンターの店舗にて利用可能
公式サイト: 株式会社テコテック http://www.tecotec.co.jp/
テコセンター http://tecocenter.jp/

強い力を出すために筋力トレーニングを行い、また速く動けるように、スピードトレーニングを行うという、従来のトレーニング方法だけでは、競技力を向上させるのに限界があり、それらの指示を出す役割を担う“脳”を同時に鍛えることで、より成果を出せるという実証実験を行っている。

■テコセンター

テコセンターは、株式会社テコテックが運営する治療とトレーニングを一度に行うことができる総合治療院。
 
通常の整体やマッサージなどの施術所では痛みをとることを目的としているが、「痛みの原因をとる」ことを最終目的として、接骨院・鍼灸院に加えてトレーニング施設を併設しており、治療からリハビリ、運動能力向上までトータル的にサポートしている。

また、プロ・アマ問わず、アスリートの運動能力向上のプログラムでは、筋肉の連動性を重視した伝達力向上のためのトレーニングを中心として中・高生から日本代表クラスの選手まで幅広く丁寧に指導している。
 
約30名にのぼるプロ野球選手を筆頭に、社会人・大学と各年代の日本代表選手が多数通う実績を持ち、野球では、毎年、プロ野球のドラフトに選出される選手を輩出。野球以外にもリオデジャネイロオリンピックのメダリストや、サッカー、フットサル、バドミントン、バスケ、など各競技のトップクラスの選手達が集うトレーニングジムとなる。
 
※テコセンターは厚生労働大臣認可 国家資格取得者による施術治療施設。


VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど