ACERに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ACERとStarbreeze、ハイエンドHMD『StarVR』をIMAXへ出荷開始 5K解像度、210度の視野角を持つハイスペックモデル

2016年09月01日 00時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
ACERとStarbreezeは、ハイエンドのヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)である『StarVR』をIMAXへ出荷したことを発表した。

『StarVR』は、5120x1440、5kと呼ばれる解像度のディスプレイを搭載し、210度という超広角な視野角も実現している。現在市販されているPC用の主流なHMDのスペックが2180x1200、視野角が110度であることを考えると大きなアドバンテージになるだろう。
 

IMAXは¥IMAX VRセンターを2016年後半にロサンゼルスなど世界6カ国で立ち上げることが予想されており、『StarVR』もこれらの施設で使用されると考えられる。

ACERとStarbreezeは、『StarVR』の販売を行うため、設計、製造、販売促進、マーケティングなどを行うジョイントベンチャーを設立、ハイエンドの映画館、ゲームセンター、自動車販売店や、航空訓練などでの使用も視野に入れ、真の没入感を提供していくという。

 

プレスリリース


VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
6 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
7 『VR ZONE Portal』神戸の料金体系とアクティビティが決定 料金はひとり1回1000円に
8 【インタビュー】VR×女性向けコンテンツの相性とは いち早く同ジャンルのVR開発に取り組んだエイタロウソフトの挑戦
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど