東京ゲームショウ2016(TGS2016)、宝塚大学に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】宝塚大学、学生たちが企画開発したスマホ・PCゲーム・VRゲームを東京ゲームショウ2016で展示

2016年09月08日 17時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


宝塚大学・東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)は、9月15日から18日までの4日間開催される「東京ゲームショウ2016」で、学生が企画から開発まで手掛けたスマホ・PCゲーム・VRゲームを展示すると発表した。

今回のゲームショウでは展示ブースの企画、運営は全て学生が担い、4年生を中心に実行委員会を設立。学生が自ら企画立案、制作、運営、広報活動を手掛けている。そして学生一人ひとりが企画し作成したUnityによるモバイルゲーム、Google CardBoardを使ったVRゲーム等を多数出展する。展示作品はどれも個性の光る作品に仕上がっているという。

同大学のTwitterアカウント(広報担当)では様々な情報が確認できるので、チェックしてみるといいだろう。
 

▲東京メディア芸術学部オリジナルマスコットキャラクター「モバちゃん」
 
 

▲東京メディア芸術学部オリジナルマスコットキャラクター「デバっち」
 

宝塚大学・東京メディア芸術学部ゲーム領域では、スマホアプリやコンシューマゲーム開発で業界標準の"Unity"やハイエンドのゲームエンジン"UnrealEngine"の授業への導入、Google CardBoardやOculus Riftと言ったVR(バーチャルリアリティ)ゴーグルの利用など、最新の技術や考え方を取り入れる教育を行っている。
 

-宝塚大学 東京メディア芸術学部展示ブースについて-
 
出展コーナー:ゲームスクールコーナー
ブース番号:2-C16
関連ページ:http://zukaunivgame.wixsite.com/takarazuka-tgs2016
 
 
< 宝塚大学 東京メディア芸術学部 概要 >
 
・所在地:東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
・学部長:北見隆
・アクセス:JR新宿駅西口から徒歩約5分
・設立: 2007年4月
・学科:メディア芸術学科
・領域:イラストレーション領域、マンガ領域、アニメーション領域、ゲーム領域、映像領域、コンテンツデザイン領域
・Webサイト:http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/

 
VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 宝塚大学東京ゲームショウ2016(TGS2016)

ピックアップ

記事ランキング

1 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
6 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
7 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
8 【PSVR】巨大ロボットアクション『Archangel』が日本語に対応し国内リリース
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど