東京ゲームショウ2016(TGS2016)に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【TGS2016】重量わずか200g、ファッショナブルなHMD「immerex」が東京ゲームショウ2016に出展

2016年09月08日 18時43分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
「immerex」は、2016年9月15日(木)から18日(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016」でVRヘッドセットimmerexVRG-9020などを出展する。

「immerex」は、そのファッショナブルな外観のデザイン、わずか200gの重量、1080Pの高画質などにより、E3で最も注目を浴びたVR製品となったという。

今回のTGSで、immerexはVRヘッドセットimmerexVRG-9020など2つの製品の展示を行う。

VRG-9020はファッショナブルなオールインワン型モバイルデバイス。重量はわずか約200gで、ファッショナブルなデザインのほか、折り畳み式、ポータブルなどの特徴を持ち、使用者はいつでもどこでもVR体験ができる。そのコンパクトさにより、長時間使用しても疲労感がなく、スマホと同じような体験が得られる、としている。

VRG-9020はハリウッドチームとも協力し、真の次世代エンターテインメントのコンテンツでトップレベルの制作を計画。immerexグローバルの責任者を務めるKirin Leeの紹介によると、ハリウッドチームとの踏み込んだ提携を通じて、immerexはトップレベルのパノラマビデオ撮影機器、後処理装置を開発したほか、コンテンツチームを結成し、ユーザーに映画レベルの動画コンテンツサービスを次から次へと提供している。すでに幾つかの映画レベルのVR動画制作を完成させている。

ゲームなど、エンターテインメント分野全体でも力を入れ、モバイルVRのポジショニングの問題から重度使用の体験の快適性まで、改善、確立を常に進めている。日本が持つ資源の優位性、市場の戦略的配置を踏まえ、immerexは日本で専門の撮影チーム、技術チームを発足し、人文、歴史、地理、テクノロジーの模索など、日本の特色のあるハイクオリティーなコンテンツを制作する。

今回のゲームショーで、immerexは試用、体験用に、自社が開発したゲーム、一部動画コンテンツを公開する予定という。

 

公式サイト


VRの最新情報を逃さずキャッチ!







リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京ゲームショウ2016(TGS2016)

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
6 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど