デジタルハーツホールディングス、PlayStationVR(PSVR)に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ハーツユナイテッドグループ、PlayStationVR(PSVR)向けタイトルのデバッグ案件受注が10件を突破

2016年09月12日 12時21分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
ハーツユナイテッドグループを親会社として、主にデバッグ事業を展開している同グループは、「PlayStation VR」向けタイトルのデバッグ案件の受注が9月上旬に10件を突破した事を発表した。

昨今、VR(仮想現実)技術の実用化が加速しており、その市場規模は、平成32年には8兆円を超える規模にまで成長すると予測されるなど、今後の盛り上がりが期待されている。

特に、平成28年は「VR元年」と称されるなど、相次いでVRヘッドマウントディスプレイが製品化され、その普及が進むとともに、ゲーム業界においては、全世界累計実売4,000万台を超える家庭用ゲーム機器「PlayStation 4」と接続しVR環境を実現する「PlayStation VR」が平成28年10月に発売予定であることから、ゲーム市場の新たな発展が期待されている。


このような状況のもと、同グループでは、今後増加が見込まれるVRコンテンツのデバッグ需要に備え、いち早くVRコンテンツ専属デバッグチームを結成し、サービス提供実績を積むとともに、「VR酔い」等のVRコンテンツ特有の技術・ノウハウに関する研究を進め、平成28年8月には抽象的な概念であった「酔いやすさ」の定量化を実現する「VR酔いスコアリングサービス」の提供を開始するなど、顧客ニーズに対応した付加価値の高いサービスの開発及び提供に取り組んでいる。

今回、「PlayStation VR」の発売に向け、そのコンテンツ開発が活発化していることを背景に、当社グループのこれまでの取り組みが奏功し、「PlayStation VR」向けのゲームタイトルのデバッグの収益機会が拡大し、その受注案件が10件を突破した。

「PlayStation VR」は、その発売に先駆けた先行予約において予約完売が相次ぐなど、発売前から大きな注目を集めていることから、今後も引き続きタイトルの開発が加速すると見込まれており、当社グループでは、さらなる案件の獲得に注力していく、としている。

 

公式サイト

 
VRの最新情報を逃さずキャッチ!



 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( デジタルハーツホールディングスPlayStationVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
2 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
5 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
6 FitXR、『BoxVR』を国内PS STOREで配信開始 先行公開の米国・欧州では累計1億カロリー以上を消費!!
7 【モバイルVR紹介】女の子を熱い眼差しで衣装チェンジ! 『ポケカノ』シリーズのVRデモアプリ『ポケカノVR』
8 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
9 Polyarc、『Moss』がOculus Questに登場 ゲームで新章の追加も
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど