大京穴吹不動産に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

大京穴吹不動産、VR技術を用いて部屋の見学を疑似体験できるシステム「ぐるっとネットdeオープンルームVR」を提供開始

2016年09月15日 12時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



大京グループで不動産流通事業を手掛ける株式会社大京穴吹不動産は、同社のスマートフォンサイトでの売買・賃貸物件紹介に際し、VR(仮想現実)技術を用いて部屋の見学を疑似体験できるシステム「ぐるっとネットdeオープンルームVR」の提供を開始した。

大京穴吹不動産は、2016年5月より自社ホームページ(http://www.daikyo-anabuki.co.jp/)における売買・賃貸物件の閲覧を、写真のみではなく360度のパノラマ画像を閲覧できるサービス「ぐるっとネット de オープンルーム」を提供しているが、今回、顧客の利便性をより高めるために、新たにVR(仮想現実)技術を用いたバーチャル見学システムを導入する。

スマートフォンサイトで売買・賃貸物件を閲覧する際に、VRゴーグルと呼ばれる箱型の装置にスマートフォンをセットし、上下左右に動かすことで、右を向けば右方向、上を向けば天井や室内全体を見ることが可能となり、買主や借主はあたかも実際に部屋の中で見学しているような臨場感で物件見学を疑似体験できる。現在、約880物件(売買物件約700件、賃貸物件約180件)がVRゴーグルを用いた見学に対応している。

全国の営業拠点70店舗に導入したVRゴーグルを使うことで、遠方に住んでいて、すぐに物件を見学できない顧客や、短期間で複数の物件を見学したい顧客、資金援助などの関係で遠方の両親にも物件を見てもらいたい顧客などにも役立つサービスであるとしている。

また、大京グループが展開する台湾や香港のインバウンド事業においても、台湾大京及び大京香港の現地事務所への来場者に、VRゴーグルで物件見学を疑似体験してもらうことで、訪日なしでの物件契約に繋げていく。

大京穴吹不動産では、今回のサービスにより、売却や賃貸の依頼を受けた物件をより魅力的に見せることで、買主や借主だけではなく、売主や貸主を含めた顧客満足度の向上に努めていく方針だ。

【スマートフォンで見たVR画面】



【VR画像の撮影風景】



【VRゴーグル】



<バーチャル見学の方法> 
バーチャル見学システム「ぐるっとネットdeオープンルームVR」は大京穴吹不動産のスマートフォンサイト(http://www.daikyo-anabuki.co.jp/)より利用できる。

サイトトップの「こだわり物件特集から探す」から「ぐるっとネットdeオープンルーム特集」のページを開き、物件詳細画面の「VRゴーグルで3Dパノラマを見る」バナーをクリック。スタートボタンを押すと2分割された画面となるので、VRゴーグルにセットして見ることができる。 

 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】PS4システムアップデート本日配信 VRにヘッドホン接続時、Blu-rayでバーチャルサラウンド対応…ブロードキャスト時のコメント表示なども
2 【PSVR】巨大ロボットアクション『Archangel』が日本語に対応し国内リリース
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
5 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
6 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
7 巨大ロボアクション『Archangel』のHTC VIVEとOculus版がリリース
8 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
9 360Channel、身の毛もよだつVRホラー映像『むこうがわ~VR恐怖体験~』チャンネルの配信開始…スマホでも簡単に視聴が可能
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど